とどろけ!サブカル女子

アラサーサブカル女の雑記ブログ

いい夫婦の定義って何だろう?『1122(いいふうふ)』感想、ネタバレ

スポンサーリンク

f:id:ok723:20171122190538p:plain
夫で家族でズッ友でいちばん信頼できる人。だけど、彼とキスはしたくない。

渡辺ペコさんの『1122』読みました。

『にこたま』で知って、好きになった漫画家さんなんやけど、

あーーー、今作もショッキングすぎるーー!!!読後感ーーー!独身女子には毒っけが強いーーー!結婚願望がーーー!

独身の私には刺激が強すぎる件について…。


『1122』は夫の不倫を知りながらも、生活を続けていく特殊な夫婦を描いたマンガです。

ここだけ聞くと「ありえねーーー」って思うんやけど、意外と不倫に憧れを抱いてる人も多いんじゃないかなと思ったり。

みんな他人の不倫話に興味あるから、不倫ネタがワイドショーに連日すっぱ抜かれるわけだし。


不倫する夫とされる側の妻でありながら、共同生活を続ける2人の心境を描く作品。

それでは、漫画『1122』の感想、ネタバレ紹介していきます!

『1122』あらすじ

妻・相原一子。夫・相原二也。結婚7年目の仲良し夫婦。セックスレス。子供なし。そんな二人が選択したのは「婚外恋愛許可制(公認不倫)」。おとやには、いちこも公認の“恋人”美月がいる。美月との恋に夢中になり始めるおとやを見て、いちこにも変化が……。『にこたま』の渡辺ペコが描く最新作は、結婚の嘘と真実。結婚したい人もしたくない人も――「結婚」を考えるすべての人に届けたい、30代夫婦のリアル・ライフ!
Amazon-1122(1) (モーニングコミックス) Kindle版

『1122』ネタバレ、感想

やっぱペコさんの漫画、おもしろいーーー!

みんなが口にしないけど、確実に水面下で起こっていることで、そのリアルさが怖くもあり人間の弱さを描いていてそれがまた面白くて、今作もスラスラ読み進めてしまった。

家族であり、男女であることを両立することの難しさや、夫婦間の性事情など、「夫婦あるある」が随所に詰め込まれています。


f:id:ok723:20171122202948p:plain
主人公の一子と夫の二也は、ちょっと奇妙な関係を築いている夫婦。
結婚7年目で、記念日もきちんと毎年祝ったりと夫婦関係はとても良好。


でも、二也は既婚者の女性と不倫している。しかも一子の公認で。

f:id:ok723:20171122203150p:plain


「公認で不倫とかありえなーーー!(笑)」って思いながら読んだけど、”黙認”という形を取ってる夫婦はもしかしたらいるんじゃないかなって思ったり。だから、そこまでファンタジーなお話じゃないのかもしれない。

みんな公にはしないけど、どこかしら歪みはあるんだろうな、とか。


んで、「前は不倫なんて悪ーーー!」って思ってたけど、今は「不倫することで、家族とのバランスを取ってるんじゃないか」と思い始めた。

「家族関係を守るために、不倫をしている」なんて書いたら、矛盾しまくりだけど。

決して、不倫自体を肯定してるわけじゃなく、結婚していても、恋を求めてしまう脆い人もいるんだろうなとは思う。


恋人が家族みたいな存在になる感覚を体験したことあるけど、一度その人がそういう存在になると触れ合ってイチャイチャしたいって思えなくなったことがありました。

家族になる人は一緒にいて刺激的というよりは、側にいると安心できる人。
顔を見るとドキドキじゃなくて、ほっとする人。
華やかさはなくて地味だけど、飲むとほっと安心するお味噌汁みたいな存在。


そんな位置づけに変化した相手を、もう一度異性として見ることはなかなか容易ではない。

f:id:ok723:20171122203302p:plain
だから、「いちばん信頼してるのに、おとやんとはキスできない」といういちこの気持ちが痛いほどわかる。
そこに申し訳無さも感じたりするけど、人間ある以上どうしようもない部分というか。

恋人から家族になると、相手を性的な目で見れなくなって、本能的な部分でブレーキがかかってしまう。

でも、人間である以上性欲はあるわけで、その行き場のない欲求のコントロールはきっと難しい。


安心を求めてみんな結婚したはずなのに、いつの間にか毎日、お味噌汁じゃ物足りなくなっちゃうらしい。
難しいね、人間って。


「不倫は純愛」なんて言われてるけど、結局のところみんな、平凡な日常の中に刺激的な非日常を求めてるんだろうな、と思う。

おとやん目線でいくと、日常はいちこ、非日常は美月さん。
ひとつの容器に入れられない愛と恋を住み分けした結果であり、いちことの暮らしをうまく続けるために選んだ選択肢でもあったのかなと。


ページをめくりながら、映画『そこのみにて光輝く』の、池脇千鶴と不倫してる既婚男性、中島が言うセリフを思い出した。


「家族、もっと大事にしたら?」と綾野剛に不倫のことを問い詰められて

中島が「家族大事にしてるからおかしくなるんだ!!!」

って叫ぶシーンがあって。

最初は「は?何言っとんこの人(笑)」って思ったけど、これ、男性の弱さと強さを表したものすごいセリフなんよね。

日々生きてたら、嬉しいことばかりじゃなくて辛いこととか情けないこともあるじゃないですか。そんな情けないことを家に持ち帰れない人って一定数いて。

恋人や夫婦だからこそ、言えないこととかね。

女性からしたら「言ってくれればいいのに!」って思うんだけど、男性からしたらその女性が好きで大事だからこそ、その人には情けないかっこ悪い姿は見せられないみたいなところがあって。

その情けなさを吐き出せる、しがらみなく自分の悩みを打ち明けられる場所を探した結果、スナックやキャバクラ、見ず知らずの他人と会える出会い系、浮気、不倫に行き着くのかもしれないなあなんて思って。

そして、その場所があることで家族関係が守れるという何とも矛盾した形になってるのかなと。
もちろんバレたら崩壊するんだけど。


…なんかこんな書き方したら不倫、浮気オッケー!みたいなスタンスに見えちゃうかな。笑
浮気や不倫自体は絶対許せないし絶対してほしくないけど、ついしてしまう弱い人の気持ちもわからんでもないなあと思うようになったというか。

パートナーは大切な相手として存在するんやけど、そこに全ての役割を求めようと思うとどこか歪みが出てきてしまうものだから。

付き合っていた恋人に、彼氏の役も友達の役も父親の役も全部をその人1人に求めようとしてしまったことがあった。
その恋は終わってしまったけど、「あの時、彼1人に役を全部求めずにいたら、もっと上手くいってたのかなあ」なんて思うことがある。


恋人でさえ、こんな風に思うことがあったから、夫婦になるともっと表面に出てこない繊細な問題が色々あると思う。


妻として彼女は素晴らしいけど、もう女としては見れない。
夫として彼は立派だけど、子供が出来てから性の対象とは思えない。

女の人は子供産んだら旦那さんの事がどうでもよくなるって聞くし、男性は一度家族と認識したら勃たなくなる…とかあるんだろうなとか。
うーん、家族って難しい。


夫婦である以前にひとりの男と女で、でも結婚して家族ができたら男性は夫であり、父にならなきゃいけなくて、女性は妻であり母にならなきゃいけなくて。その時、抑圧された性的欲求はいったいどこへいくんだろう。

他人同士が結婚してひとつになって、夫婦として家族として生きていくことって本当難しいなって、この漫画読んで改めて感じてる。


にこたまでもそうだったけど、ほんまに人物描写がリアル。友達にヒアリングしてるんかな?と思うくらい。

既婚者女子会のえげつなさとか、割とリアルで笑った(笑)
旦那とおせっせしてるー?とか性欲どうしてるー?とかぶっちゃけすぎてて…(笑)


不倫が題材になっているものの、

「いい夫婦って何?」
「愛って何?」
「家族ってなんだろう?」

と、問いかけてくるとてもいい漫画だと私は思った。


女性が社会進出したことや、LGBTの人たちの権利も認められるようになり、多種多様化した家族のあり方。

一緒に住んでるけど、籍入れてない人。
夫婦だけど、別々に暮らしてる人。
同性婚した人。

色んな形があるなかで、いい家族、いい夫婦と判断することはとても難しい。私の常識が、他の人にとっての常識ではなくなってきた時代だから。


正解がない中で、最適案を探しながら日々生きている私達。

型にはめた正解探しではなく、各々の最適案を探すことがよりよい暮らしを続けていくための秘訣なんだと思います。


いいふうふの日11月22日に2巻が発売されたけど、更にショッキングな展開になっていきます。
まぁ、旦那のほうだけ不倫公認にしてたら、そうなるわなあ…というw


フィクションだけど、女性のリアルが生々しく描かれてて、だからこそ面白いし怖い(笑)
あー、3巻が待ち遠しい!


『1122』まとめ

以上、不倫公認漫画『1122』感想でした。

うまく言語化できなかったけど、本っ当にいい漫画だから既婚者の人にぜひ読んでもらいたい。
不倫促進みたいになるかもしれんけど(笑)夫婦のあり方、家族のあり方を問ういい漫画です。

あぁ、やっぱり渡辺ペコさんの作品は胸にずしりと刺さるなあ…。

独身の私でも楽しめたけど、既婚者の女性が読むと更に共感しまくりの作品だと思います。