読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

轟け!サブカル女子

上京を夢見るサブカル女

感情を上手くコントロールする10のコツ

心理学 ライフハック
スポンサーリンク

f:id:ok723:20150219202721j:plain

人生が上手くいくかいかないかは、自分の感情をどうコントロール出来るかで左右されます。

「イライラして、八つ当たりしてしまった」
「悲しい気持ちをズルズルと引きずってしまう」

など、誰でも一度は経験したことのある感情かと思います。

今回は私なりに考えてみた感情と上手くコントロールするコツを紹介します。自分の感情と上手く付き合って、幸せな人生を送りましょう!

1.負の感情には上書き保存

仕事、人間関係、家族とのコミュニケーションなど、現代社会はとにかくイライラ要素が至る所に潜んでいます。この怒りやイライラなどの負の感情は放っておくと、気持ちをどんどんと悪い方向へと運んでいってしまう厄介者。イライラしていたせいで何かミスを起こしたり普段だと気にならない些細な事で喧嘩になってしまったり…。

そして、イライラがまた別のイライラする事柄を運んできてしまうのだ!!!
THE☆負のスパイラル

なので、負の感情を断ち切る必要があります。

負の感情を断ち切るには?

その方法は、出来事に対して反応したネガティブ感情をそのままほったらかしにするのではなく、ポジティブな方向に上書きする事。
例えば、大好きだった彼氏にフラれた時「はぁ…大好きだったのに…どうして…」とか「私の何が悪かったんだろう…」と落ち込んで、気持ちをズルズルと引きずりますよね。
この落ち込んだ状態を続けていたら、もしもどこかでよい男性に出会って相手が好意を抱いてくれたとしても、あなたが彼氏の事を引きずっていることを知ると「なんだよ…まだ元カレの事好きなのかよ…」って相手の気持ちも冷めちゃう。逆の立場で考えると好きになった男性が人がグズグズと「元カノはホントいい人でさぁ…。」「なんで振られたんだろう…」とか言ってたら一瞬で冷める!!!知らんわ、勝手にせい!ってなるもん(笑)負の感情のせいでせっかく訪れた良縁も逃してしまうなってもったいない!

この場合は彼氏にフラれたという出来事に対して反応している状態。フラれたという出来事に反応するのではなくて、視点を変えて物事を見てみると

  • もっと良い男性に出会うチャンスがきた
  • 新しい出会いで自分が成長するきっかけ

と、視点を変えて考えてみると、別れも悲しいものではなくなるはず。このように視点を変えて、感情を上書きしていくこと。うじうじと気持ちをひきずるなんて時間の無駄無駄無駄ァァ!!!

2.モヤモヤする気持ちの退治の仕方

「特に何かあったわけじゃないんだけど、気持ちがモヤモヤしていて…」と定期的に襲ってくる謎のモヤモヤの正体。言葉で上手く言い表せないこの気持ち。

「えっ、もしかして…恋…?」

いいえ、違います。

 

夜にふらっとやってくる厄介者。この正体は一体何なのか…

実はこれは自己肯定感が低い状態の時に起こりやすい症状!

自己肯定感には波があって、なにか些細な出来事でその波が低くなってしまった時にモヤモヤ感が発生します。このモヤモヤした気持ちだと、自分より幸せそうな誰かを見て、羨んだり妬んだりしてしまいます。 

3.モヤモヤを退治するにはどうすればいいか?

スマホもパソコンもテレビも消して、とにかく寝てしまえ!!!

寝るんだ!寝ろ!君は疲れているんだ!モヤモヤの原因は本当に些細な事が引き金になっていたりするので、寝れば忘れてすっきり!夜中のスマホやパソコンは思っている以上に精神的に疲れやすくなります。ソースは私。「なんだかモヤモヤしてるなぁ…」って日は、パソコンやスマホの電源を切ってゆっくりと自分と向き合う時間を作ってみて下さい。

4.問題点と感情を別のものとして捉える

私がよくやってしまうのが、問題点と感情をごっちゃにしてしまう事。起きたことに対して問題点だけを見つめて改善するよう務められればいいんだけど、それが出来たら苦労しないよね〜
問題点を見つめようとしてもどうしても余計な感情が絡んできてしまう。余計な感情というのは問題を更にややこしくしてしまったりする。問題解決を望むなら、イライラや怒り、焦り、悲しみなどは、一度置いておいて、解決策を考えると案外すっきりと解消したりします。

一度寝かせる

カレーのように感情も一度寝かせてみる事。

感情というのは上手くセーブしないと思わぬ行動に繋がってしまったり簡単に暴走してしまうもの。喧嘩や言い合いした時などは怒りの感情が頭を占めていて、なぜ喧嘩になったかや解決策、問題点など冷静に判断することが出来なくなる。

なので、怒りなど負の感情が湧き上がった時は一度その感情を寝かせてみる。

怒り任せに何か突発的な行動をしないこと。放置しておく。

で、感情が落ち着いてからもう一度その問題点と向き合ってみる。大体、3~4日経ってから考えると気持ちも落ち着いているので

「本当はあんな事言いたかったんじゃなかったのに」
「自分がどうしたかったのか、何で悩んでいたのか」

などが分かりやすくなっていると思います。

5.一番の大敵はないものねだり

「あぁ…もしも、東出昌大さんと付き合えたら…」

こう望んでみたところでもちろん東出さんとは付き合えない。あぁ…杏ちゃんが羨ましいぜ、ちくしょーっ。

基本的に人間っていうのは、ないものねだりする生き物なんだと思う。ないものを羨むバイタリティーで文明が発展してきたから。いつだって自分にないものを持っている人に憧れて自己投影して…。

向上心があるという意味ではいいかもしれないけど、あまりにないものねだりばかりしていると、自分自身もあなたの周りの人も疲れちゃう。隣の芝はいつだって青く見えるけど、お隣さんも「あなたの芝青々としていいなぁ…」なんて思ってたりする。

6.プラスの言葉で自分の機嫌をとる

基本ネガティブな人間なのでちょっと上手くいかないことがあると、暗い自分がにょきにょきっと顔を出してくる。

「自分なんて誰も必要としてない」
「どうせ私はブスだし」
「自分には無理だ」
「私はバカだし幸せになれない」

あぁ…書いてるだけでつらーい☆このように、マイナスの言葉は聞いてるだけでも気分を負の方向へ運んでいってしまう。

「私のことなんて誰も褒めてくれない!」ってウジウジ虫ななあなた!っていうか大人になったらほめられる機会なんてめったにないよね…。そんな時は自分で自分を褒めちゃおう!

「今日はよくがんばった」
「最近の自分、なかなかイケてるかも」
「絶好調!」

言葉は使い方次第で、魔法のような効き目がでてくると思います。 

7.考えすぎずにシンプルに考えてみる

あれやこれやと考えすぎて、余計に問題が複雑に…。特にこれに関しては女性のほうが当てはまる気がする。自分で問題を複雑化させずに、もっとシンプルに考えてみる。

もしふたつの選択で迷った場合、金銭的な問題や環境が許すならどちらを選ぶか、自分の一番の優先事項は何か、とか自分なりの答えの出し方を持っていれば、すんなりと問題解決への道は開きやすくなる。選択肢で迷った場合は家族や友達に相談してみるのもアリかも。 

8.一人の時こそ感情コントロールのチャンス

ひとりぼっちと聞くと少し寂しい気持ちになるけど、自分と向き合うことが出来る貴重な時間と考えると寂しさも半減!いろいろな時間の使い方があるけど、一人の時こそ自分の感情と向き合うトレーニングをするチャンス!

9.起きた問題は全て自分が選んだ結果

上手くことが進まない時、つい人のせいにしてしまいがちだけど、これでは問題も解決せずイライラが募る一方。被害者意識はすぐに燃えるゴミの日に捨てて下さい。みんな自分がかわいいから、自分を正当化して相手を加害者扱いするけど

「こんなに働いているのに給料が低くて嫌になる」
「俺に彼女が出来ないのは、女の見る目がないからだ」
「結婚した旦那が、家の事何も手伝ってくれなくてイライラする」

こんなイライラや不満は、元は自分が全て選んだ結果だよっ!!!

自分で選んだ会社、自分で選んだ生き方、自分で選んだ結婚相手。被害者意識は何も生み出さない。

不満を抱えた時に「◯◯のせいで…」と考えるのをやめてみる。人のせいにするのをやめて、全て自己責任だと覚悟して問題が起きた時に解決に向かえるような努力するほうが幸せへの近道。

10.悲しい時は思いっきり泣く

悲しい時に「笑って生きよう!」とかあるけど、余計辛くなるから、辛い時には辛い感情を出し切る。

これに尽きる。溜めるからしんどくなる。ガマンしなくていいから出すものを出しきってしまうこと。

「悲しいけど泣いたりしちゃいけない」
「辛いけど強くいなくちゃ」

なんて無理に自分の中で抑えこんでしまうと、ぎゅうぎゅうの箱のなかに荷物をいっぱい詰め込んでるようなもので、いつか大爆発してしまうのが目に見えてる。無理やり明るく振る舞う必要もいらない。

「私、今辛いんだな」
「寂しいな」

辛い時、悲しい時にはその感情を素直に受け止める。幸せが長く続かないように、悲しい事も長くは続かない。悲しい気持ちは時間が癒やしてくれる。虚勢を張るよりも、これでもかというくらい悲しみに浸って「もう十分悲しんだ!」という段階になるほうが、切り替えも早く立ち直れる。

まとめ

  1. 負の感情には上書き保存
  2. モヤモヤする気持ちの退治の仕方
  3. 問題点と感情を別のものとして捉える
  4. 一度寝かせる
  5. 一番の大敵はないものねだり
  6. プラスの言葉で自分の機嫌をとる
  7. 考えすぎずにシンプルに考えてみる
  8. 一人の時こそ感情コントロールのチャンス
  9. 起きた問題は全て自分が選んだ結果
  10. 悲しい時は思いっきり泣く

私が実践している感情コントロール10のコツを紹介してみましたー!なかなか感情コントロールは難しいけど、トライ・アンド・エラーで段々コントロール出来るようになっていくと思います。

また

  • 自分がこういう時にイライラしやすい
  • 落ち込んだ時の対処法

という風に普段から自分の事を分析しておいたり、自分の機嫌の取り方を覚えておくと精神安定させるのにとても役立ちます。

ぜひ、10個の方法で感情をうまくコントロールさせて、楽しい日々を送りましょう〜!


▼こちらの記事もよく読まれてます