読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

轟け!サブカル女子

上京を夢見るサブカル女

甘くて美味しいはちみつ梅酒作ってみた!(作り方、時期)

料理 買ってよかったもの
スポンサーリンク

f:id:ok723:20150602001316j:plain

お酒は弱いけど、梅酒なら飲める。甘いの大好き。家で手軽に飲めたらなぁと、今年は手作り梅酒をつくることにしました!
ということで、めんどくさがり&不器用な私が作ったはちみつ梅酒のレシピ紹介!多分甘めなので、女性におすすめです!

無精者でも出来る甘くて美味しいはちみつ梅酒の作り方

f:id:ok723:20150602000603j:plain

〔材料〕

  • 青梅 1kg
  • ホワイトリカー(果実酒用) 1.8L
  • はちみつ 1kg
  • 瓶 4Lタイプ 

今の時期なら、スーパーで手作り梅酒コーナーが展開されてるから、材料揃えはとても簡単!めんどくさがりにはありがたい〜(笑)分量も何も考えず全部ドバーっといれるだけ!

形から入るタイプなので、つけておくビンはAmazonでおしゃれな物を購入。

理想の形の瓶だったので即ポチりました。

1.ビンを熱湯消毒する

f:id:ok723:20150602000638j:plain

まず、ビンを熱湯で消毒します。ビンを回しながら全体を消毒。やけど注意!

 

2.ビンの水気を拭き取る

f:id:ok723:20150602000709j:plain

消毒したビンの水気をきれいな布巾で拭き取ります。(といいつつ拭き取ってる写真なかった)

クッキングシートでふくとビン内に繊維がついてしまうので、やめたほうがいいです。(おかげで二回洗うハメに)

水気が残っているとカビの原因になるので、しっかりと乾燥させます。

 

3.青梅を流水で洗う

f:id:ok723:20150602000738j:plain

ビンを乾かしている間に青梅を流水でよく洗います。

 

4.青梅を1時間ほど水につけておく

f:id:ok723:20150602000928j:plain

この行程はしなくてもいいみたいだけど、きちんとつけておくと渋みが抜けて、甘く美味しくなるらしい。めんどくさいけど、美味しくしたいので一応やっておく。

 

5.つまようじで青梅のヘタをとる

f:id:ok723:20150602001048j:plain

青梅についているヘタをつまようじでピッピととっていきます。この作業は結構楽しい。

 

6.青梅の水気を拭き取る

f:id:ok723:20150602001010j:plain

青梅の水気もビン同様しっかりと拭き取っていきます。

 

7.材料をビンに入れていく

青梅→はちみつ→ホワイトリカーの順で入れていきます。

f:id:ok723:20150602001126j:plain

f:id:ok723:20150602001145j:plain

f:id:ok723:20150602001203j:plain

 

8.完成!フタをしめて涼しいところへ

f:id:ok723:20150602001231j:plain

フタをしっかりとしめて、完成!あとは冷暗所で保管!はちみつが下に溜まりやすいので、しばらくは毎日混ぜておくといいみたいです。 

大体、三ヶ月目〜半年くらいから美味しく飲めるみたいですが、多分それまで我慢できそうにない。

f:id:ok723:20150602001316j:plain

私の影響で友達も梅酒を作ったらしいので、今度お互いの梅酒持ち寄って梅酒パーティーする予定!来月には少しずつ飲めるようになるといいなぁ。わくわく!


▼こちらの記事もよく読まれてます