読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

轟け!サブカル女子

上京を夢見るサブカル女

【もう無理ぽ】仕事、恋愛、人間関係で落ち込んだ時に使える10の対処法

心理学 ライフハック
スポンサーリンク
f:id:ok723:20150612153535j:plain

もうやだぁあああ!!!逃げだしたいぃいいい!!!

仕事で失敗して上司に怒られた時。
恋人とのすれ違いで喧嘩した時。
友達と比べて出来てない自分に気づいた時。
家族との不仲。
将来への不安。

あげればきりがないストレスの元。落ち込む日々。

「あぁ…楽しいことだけならいいのに…」と思っていても落ち込む日はやってくる。人と比較したり、自分自身の不甲斐なさに落ち込んだり、将来が不安になったり。落ち込む時も必要だけど、ズルズルとその気持ちを引きずっていると、また新たな失敗や悲しい出来事が起きたりする。楽しい出来事やチャンスがやってきても、逃してしまったりすることになる。

なので

「気持ちを切り替えて過ごしましょう!」

って出来たら苦労しないってばよ!!!

 気持ちの切り替えはそんなすぐにできるものじゃないからこそ、人は悩む。感情がスイッチひとつでバチッと切り替えられたら、誰も苦労しないってな…。

私は元々ものすごくネガティブ思考だった。一度落ち込むモードになると、普段は気にもしないような出来事や失敗した事を思い出しては「あ〜、私ってなんでこんなにダメな人間なんだろう〜」ってうじうじモードに突入してしまう。

昔はそうやって悩んでうじうじして気持ちが晴れるまで時間が経つのを待っていたんだけど、段々「…こうやって悩んで晴れるのを待っている時間ってものすごくもったいなくない…?」って気づき始めました。ただ待つより、解決するよう思考したり対処法を施すほうがいい。

と、いう訳で元ネガティバーの私が実践している、落ち込んでしまった気持ちをズバッと切り替える方法10個を紹介していきまーす!

1.お風呂に入って湯船にゆっくり浸かろう

「お風呂は命の洗濯よ」

『エヴァンゲリオン』に出てくる葛城ミサトの有名なセリフ。年齢重ねたら特にお風呂の重要さを実感するな〜(笑)友達とも昔なら「ボウリング行こー!」「カラオケー!」ってなってたところが「とりあえず、銭湯でも行くかー!」と無意識のうちに癒やしを求めるように。
入浴というのは、体はもちろん心も綺麗にしてくれる行為。落ち込んだ時には湯船に浸かってじっくりと体と心を温めてみて下さい。

2.好きな食べ物をめいっぱい食べよう

デブの発想!!!(笑)
だけど、腸は第二の脳と言われるくらい幸せ物質のセロトニンと深いつながりがあって、満腹になると幸せを感じる物質を放出するんだってさ。人体って不思議…。落ち込んだ時には好きな食べ物をお腹いっぱい食べて満腹になりましょう!お腹が満たされることで、落ち込んでいた気持ちが和らいで「どうしてあんな事で落ち込んでいたんだろう」と冷静になれます。

…度が行き過ぎるとデブまっしぐらなので要注意!笑

3.面白動画でめいっぱい笑おう

楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ。

We don’t laugh because we’re happy – we’re happy because we laugh.

ウィリアム・ジェームズ

ウィリアム・ジェームズ名言・格言(英語も) | 名言+Quotes

 

笑える動画を見て、落ち込んだ気持ちを和らげましょう。

私お気に入りの笑える動画!

www.youtube.com

 

 

www.youtube.com

 

 

吹いたら負け 伝説のエクササイズ ‐ ニコニコ動画:GINZA

笑っていると悩んでいたこととかどうでもよく思えてくる不思議。医者に薬を処方されるよりも、効果的ですぐに実践できる方法だと思います。

4.外を散歩して新鮮な空気を吸おう

散歩は気分転換に最適。落ち込んだときは体を動かさずにじっとしておきたいという気持ちになりがちですが、あえて体を動かすことで気分も前向きになり、外の風景などでも落ち込んだ気持ちが癒されます。
上大岡トメさんのキッパリにも書いてありましたが、上を向くだけでやる気や元気が出てくるそうな。落ち込んだ時には下を向きたくなるけど、ぐっと顔をあげて外を歩いてみてください。

5.不満・負の感情を口に出そう

「不満や負の感情は出さないほうがいい」と自己啓発本には鉄板ネタとして記載してあります。本当はそういった感情を抱えているのに、吐き出さずに溜め込んだままにしていると、その不満は消化されることなく、ずーっと心の中に残ってモヤモヤしたままになります。
溜め込むんじゃなくて、思った事をそのまま吐き出してしまうと、落ち込んだ気持ちやモヤモヤした感情から早く離れることが出来ます。 抑えるから、心のなかに負の感情が溜まったままになるし、ずっとモヤモヤした気持ちを抱えることになる。
ただし、誰かに攻撃的な言葉でぶつけたり八つ当たりにならないように、ただ自分から手放すように負の感情をさらりと出すように心がけましょう。一人カラオケで上司や恋人の不満を叫びまくるのもおすすめです。あとは日記。文字に不平不満をつらつらと書くとすっきりしますよ。

6.友達に愚痴を聞いてもらおう

女性は問題を解決してほしいのではなく、話を聞いて欲しいという気持ちで周りに相談事や悩みを話したりします。男性からみたら理解出来ない行動かもしれませんが、女性は問題解決を望んでいるのではなくて、共感してもらいたい生き物。愚痴を聞いてもらって共感してもらうだけで、気持ちがすっきりするものなのです。一人で抱え込んでうじうじしているよりは、仲の良い友達に愚痴を聞いてもらうと気持ちの切り替えになって、次のステップに早く進めると思います。

7.泣きたいときは思いっきり泣こう

自分の中に抱え込んだ負の感情にフタをしてしまうと、ますますその感情から離れることが出来なくなってしまいます。不満に思った時は不満を口に出す、泣きたい時は思いっきり泣く。大人だから泣いてはいけないということはありません。誰だって悲しい時もあります。一人の時に思いっきり泣いて、負の感情を出しきってしまいましょう。そうすることで、早く素敵な笑顔で生きていくことが出来ます。

8.早めに寝る

以前の私は、落ち込んだ時に何をするでもなくぼーっとしたり、落ち込んだ感情・出来事を考えてモヤモヤしたまま意味もなく夜更かし。意味もない時間を過ごして無駄にしていました。夜は特に思考能力が落ちてしまっているので、マイナス思考になりやすいです。こんな日は早くご飯・お風呂を済ませて、早く寝てしまう!明日になれば、新しい考えや気持ちが浮かんだりすることがあるので、これにつきます。寝たらスッキリするバカ脳天気な脳みそで良かった〜〜〜(笑)

9.自分のいいところを口に出す・紙に書こう

落ち込んだ時は特に自分の嫌な所や欠点が頭に浮かんできます。上司に失敗を責められたり、恋人や友達に自分を否定されるような事を言われると「どうして自分はこんなにダメなんだ」「自分のことが嫌いだ」「こんな自分が情けない」と、自分を責めてしまいます。
でも、自分を攻撃するのはもう終わりにしませんか?欠点と同じくらいあなたのいいところはいっぱいあります。落ち込んだ時は自分のいいところを探すようにしてみてください。「こんな自分にいいところなんてひとつもない」絶対そんな事はありません。あなたが気づいていないだけ。落ち込んだ時くらい、自分に厳しく生きるのはやめませんか?普段当たり前にしていること、自分が簡単に出来ることでいいんです。
自分のいいところを見つけてあげて、自分を好きになってあげましょう。他の人に愛してもらうのは難しくても、自分自身なら愛でることが出来ますもんね。自己肯定してあげましょう。

10.テレビ・スマホ・パソコンなどのスイッチを切ろう

スマホやパソコンなどの電子機器の光は眠りを妨げる効果があったり、ネットでネガティブな記事を見つけてしまって、しなくていいのに余計うつうつとしてしまうことがあります。ネットは便利だけど、精神衛生上、悪影響を及ぼす場合が。落ち込んだ時は電子機器の電源を消して、ゆっくり本を読んだり、自分と向き合ったりする時間を作りましょう。頭の中がクリアになって、気持ちも落ち着きます。

まとめ

  1. お風呂に入って湯船にゆっくり浸かろう
  2. 自分の好きな食べ物をめいっぱい食べよう
  3. おもしろ動画を見て笑おう
  4. 外を散歩して新鮮な空気を吸おう
  5. 不満・負の感情を口に出そう
  6. 友達に愚痴を聞いてもらおう
  7. 泣きたいときは思いっきり泣こう
  8. 早めに寝る
  9. 自分のいいところを口に出す・紙に書こう
  10. テレビ・スマホ・パソコンなどのスイッチを切ろう

落ち込んでる暇がないくらいにとりあえず頭と体を動かしてみること。考える時間があるから、うじうじした気持ちになってしまうのでまずは動いてみる。ダークな気分が落ち着いて頭がクリアになってきたら、失敗した原因を考えたり、次に同じことが起きないように反省・行動するといいと思います。

思いを吐き出さずに、中途半端に抱え込んでいるのが一番時間の無駄なので、たまったものをすっきり出しきると次の方向に向かって行けます!

 

最後にスーパーポジティブマン明石家さんまさんの言葉を引用して終わります。

俺は、絶対落ち込まないのよ。落ち込む人っていうのは、自分のこと過大評価しすぎやねん。 過大評価しているからうまくいかなくて落ち込むのよ。人間なんて、今日できたこと・やったことがすべてやねん。

by 明石家さんま

 

悩みがあることこそが生きている証だ。


▼こちらの記事もよく読まれてます