読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

轟け!サブカル女子

上京を夢見るサブカル女

【ネタバレ】映画『予告犯』底辺ニートが社会に復讐するダークヒーロームービー!

映画 サブカル
スポンサーリンク

f:id:ok723:20150628203431j:plain

「生田斗真が出てる映画は間違いないから!!!」

と断言する友達に誘われ、映画館で予告犯見て来ました。


行く前にyoutubeで予告編試聴。

「あー…ネットリテラシーが低くて中二病全開みたいなDQNな人達が、やらかす映画かぁ…」と思って、実際映画館で見てみたら


いい具合に裏切られた。
 

なんか、想像してた内容と違ったよ!?

ってわけで映画『予告犯』のあらすじ、感想、ネタバレ書いていきます。

映画『予告犯』あらすじ

www.youtube.com

Tシャツ姿に新聞紙の頭巾を被り、ネット上に現れた“シンブンシ”と名乗る「彼」は、法では裁かれず、見過ごされがちな罪を犯した者たちを暴露。そして「彼」なりの制裁を加えていく。集団食中毒を起こした食品加工会社に対し、「食い物の扱いも知らないこいつらに、俺がきっちり火を通してやる」と予告。すると食品加工会社で火災が発生した。ネット犯罪を取り締まる、警視庁サイバー犯罪対策課の捜査官・吉野絵里香は、この謎の予告犯=“シンブンシ”の捜査に乗り出す。捜査を続ける吉野はシンブンシが単独犯ではなく、複数犯であることに気付く。それでも「彼ら」は吉野をあざ笑うかのように、予告と制裁を繰り返していく。そして予告配信現場に残される“ネルソン・カトー・リカルテ”という謎の文字。巷には「彼ら」を神と崇める模倣犯も出現し、マスコミの報道は過熱。遂には政治家殺害予告にまで至り、社会現象へと発展していく。果たして「彼ら」をこの凶行に駆り立てた真の目的とは?吉野は「彼ら」の知られざる過去に事件解決の糸口を見出すのだが…。ネット社会を震撼させる衝撃の結末とは一体?

映画『予告犯』公式サイト


映画『予告犯』は筒井哲也さんのマンガを映像化した作品。
監督は『ゴールデンスランバー』『白ゆき姫殺人事件』でメガホンを取った中村義洋さんが担当。
主演キャストには生田斗真と戸田恵梨香が選ばれています。

「明日の予告を教えてやる…!」というセリフと共にネットで放送される不気味な犯行予告。実際に問題を起こしたものの、大きな罪に問われなかった人や企業を過激な方法で裁いていく『シンブンシ』と呼ばれる謎の男達の存在。
悪人を裁く映像を見た視聴者たちは、シンブンシ達をダークヒーローとして面白おかしくもてはやすようになり、制裁方法もどんどん過激になっていきます。


一方、そんなシンブンシ達の行動を問題視していた警視庁サイバー犯罪対策課。

シンブンシ達の正体は?そして目的は一体!?

映画『予告犯』感想・ネタバレ 

職がない、友だちがいない、将来がない、付き合ったことがない、信用出来ないといったないないないづくしの登場人物達が、社会的強者に対して予告と制裁を繰り返していく。底辺ニート、ネットオタク達には共感するシーンが多数出てくる作品だと思います。

  • DEATH NOTEのようなダークヒーロもの
  • 電車男などインターネット(SNS)描写作品

実在するSNSやネットサービスが出て来るところは、自分が実際使っているものばかりなので、リアリティーが感じられた。中村監督らしさが出ている作品だなぁと思いました。映画『白ゆき姫殺人事件』でも取り入れられていた、ツイッターを使った演出が今作も使われていました。健在だったし、彼らが行う生放送なんかは完全にニコニコ動画だし、YOUTUBEのパロディで動画サイトYOURTUBEが出てきたり。笑

現代社会におけるインターネットを絡めた人間のドロドロした部分の描写が、ものすごくリアルで見ていて恐ろしかった。

そして弱者の描写も実に生々しく描かれていました。 

シンブンシと名乗る男が、ネット上で炎上を起こした人物に対して過激な報復を行っていく。その内容もまー、酷い。民放だったら絶対クレームのくるような映像ばかりでした(笑)

  • 店の調理器具で虫を揚げる動画を投稿した店員に対して、揚げたての虫を食べさせる。 
  • Twitterで女性軽視発言をして炎上した男性に対して、元気玉注入と称してアソコにアレを…(自主規制)
  • SNSに会社面接に来た男性をバカにする発言を投稿した会社員を襲撃。

初めはやり過ぎだと批判的だった視聴者達も、段々とシンブンシに共感し、賛同する人間が増えていく。

「正義か!?悪か!?」というキャッチコピーにもあるように、彼らが行うやりすぎとも言える制裁に対して、賛同できるかそれとも批判的かどうかがキーポイントになっている。

私はどっちかなぁ~と思いながら見てたんですが、シンブンシ達が行う行為は、底辺に埋もれる社会的弱者の怒りや悲しみを代弁したような行為ばかりだったから、どちらかというと賛成派だった。(っていっても、あれはやりすぎなんだけどw)

っていうか、この映画を完全なるフィクションだと思えなかった。なんか近々同じような事する人が出て来そうな気がするんだよね。

生きていくので精いっぱいの底辺生活や毎日バカにされてやりきれない気持ちを抱えて生きている人達が日本の何処かにいるはず。シンブンシ達の「見返してやりたい」気持ちやどこにもぶつけようのない思いが、痛いほどわかった。


残虐な事件や悲惨な事件の報道されない部分には、こういう人達の叫びが詰まっているのかもしれない。ただ、一人の人間として扱って欲しいだけだったのに。居場所が欲しいだけだった。 

ゲイツが派遣社員として働いていた会社で、社員一同から受けるパワハラシーンは胸が苦しかった。その後ゲイツをバカにしていた社員が、かわりにターゲットにされてるあたりもとてもリアルだ。(ざまーみろって思ったけどねw)

ゲイツと吉野が逃走劇を繰り広げたあと、逃げ切ったゲイツに向かって吉野が叫ぶ。

「なんでも社会のせいにしてんじゃないわよ!!!」

それに対して、ゲイツはこう呟く。

「あんたにはわからない」
「努力出来るだけましだったんだよ、あんたは」

吉野がこういった言葉を投げたのには、昔彼女も小さな頃は貧困な家庭に育ちいじめられる側の人間だった過去があり、それにも負けず自分の力で這い上がり今の地位についたという経緯があったからだろう。

その言葉は他人行儀の慰めや説教ではなく、吉野自身も経験してきたから放った言葉だったんだけど、それでもエリート街道を歩んできた吉野とゲイツの間には埋められない大きな隔たりがあり、ゲイツには届かなかった。

ゲイツの言葉はひねくれにも聞こえるが、心の叫びにも聞こえた。私も努力出来ない人間だからよくわかる。努力しなきゃと思うんだけど、どうやればいいのかわからないんだよね…。

最後、シンブンシたちは自殺を図る。自分たちの置かれた立場を呪い社会を呪い、彼らは自ら命を絶とうとする。オープンにして周りに助けを求めていれば、あんな場所で働かずに済んだし、あんな事故は起きなかったし、ゲイツは死なずに済んだんじゃないか。

ネット炎上させて、むやみやたらに事件を起こしているように見えたが、実はシンブンシたちには真の目的があった。シンブンシたちに共感を得るものも出てくる。


その中のひとり、青山 祐一(窪田正孝)は取調室でこう言い放つ。

「誰かの為になることがわかっていれば、それが例え自分の利益にならなくても行動することがある。」

物事の大小に関わらず、誰かのためになるとわかれば人は動くと。作品の中で鍵となるセリフでした。自己犠牲の精神。

ゲイツも仕事中に死んでしまったヒョロ / ネルソン・カトー・リカルテ(福山康平)の遺骨を父に届けて欲しいと吉野に最後の意思を伝えます。

ヒョロが死ぬ前に「オレ、トーサンニアイタイ!」と言っていたから。ヒョロの意思は、ゲイツを通して実現されます。

困った時には抱え込まず、殻にこもらずに、まわりに助けを求める事が生き抜く方法じゃないか。誰だって必要とされたいって思ってる。恥ずかしいけどSOSを出せば、周りの人は動いてくれるのかもって思えた。 

社会のせいにして自分を追い詰める前に、SOS出していこう。


▼吉野は原作のイメージを忠実に再現されているようです。さすが戸田恵梨香サマ!

戸田恵梨香演じる吉野がカフェである言葉を叫ぶシーンを見るための映画とも言える。戸田さん好きのドM男性はこのシーンリプレイで絶対見たほうが良いよ(笑)

という事で友達の「生田斗真が出てる映画間違いないから!」説は当たってました。


▼こちらの記事もよく読まれてます