読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

轟け!サブカル女子

上京を夢見るサブカル女

【未婚アラサー閲覧注意】『東京タラレバ娘』のメンタル破壊力の高さに死にかけた(1、2巻の感想とネタバレ)

漫画 アラサー サブカル
スポンサーリンク
f:id:ok723:20150701221150j:image

この前、メガネフェチデザイナーの友達と飲んでたら「たっつんは東京タラレバ娘読んだほうがいいよ」と言われ「海月姫の作者だし絵柄好きだし、面白そう!」と思い早速買って読んでみた。

もうね、

読んでて死ぬかと思った

何この漫画?殺傷能力高すぎちゃう?

30代女性に待ち受けている現実を、これでもかと叩きつけてきます。
独身アラサー必読ッ!

あらすじ

「タラレバばかり言ってたらこんな歳になってしまった」
脚本家の倫子(33歳)は、恋も仕事もうまくいかず、同じくアラサ―独身女子の香、小雪と焦りながらも「女子会」を繰り返す日々。
「キレイになったらもっといい男が現れる!」
「好きになれればケッコンできる!」
そんな話しばかりしていると、突然、金髪イケメン男子(年下)に「このタラレバ女!」と言い放たれてしまい…。 

全アラサ―、阿鼻叫喚の東村アキコ最新作!
『このマンガがすごい! 2015』(宝島社)オンナ編 第2位を受賞!!!

 『東京タラレバ娘』東村アキコ | Kiss|Kiss | 講談社|講談社コミックプラス 

 

『タラレバ女』というのは 

「キレイになったら、もっといい男が現れる!」

「もし◯◯だったら幸せなのに」

「痩せたら、もっといい出会いがある」

「好きになれれば、結婚出来る!」

「これさえやってれば

という風に女同士で集まっては架空の話ばっかりして、現実を見てない女の事を指すそうだ。

あぁ、アラサー女子のみんな…耳痛いね…

確かに彼氏いない女で同士で集まるの超楽しいし、架空の話大っっ好きだもんね、アラサー女子。 

仕事も恋愛も上手くいかないアラサーという壁

主人公の倫子は10年前告白してきた早坂の成長ぶりに気づき、再び意識し始めていた。食事に誘われ、もう一度告白されるのかと思いきや、「職場スタッフ(19歳)が好きなんだ!」と相談を乗るハメに。告白すらしてないのに大ダメージを受ける。 

 

男性との恋愛進展がある度に、女子会と称して集まる主人公達。しかも女子会と言ってもおしゃれなカフェやバーに行くわけじゃなく、彼女たちが集まるのは、おじさん達で溢れるような居酒屋だ。
そしていつものようにタラの白子やレバーをあてに、女三人であーでもないこーでもないとぎゃーぎゃー騒いで、ぐだぐだに酔いつぶれる。楽しく居心地がいい時間を過ごしていたら、近くにいたイケメン青年が三人に向かってこう言い放つ。 
 

オレに言わせりゃ、あんたらのソレは女子会じゃなくてただの…

行き遅れ女の井戸端会議だろ 

f:id:ok723:20150704003814p:plain
引用:https://twitter.com/masumin02/status/602979101851275264

私も白目剥いた。

このあと主人公達は反撃することも出来ず、イケメン青年に「そうやって一生女同士でタラレバつまみに酒飲んでろよ!このタラレバ女!」「じゃ、ごゆっくり。おばさん!」と捨て台詞を吐かれ

 

「タラレバばかり言っていたらこんな歳になってしまった。そしてどうやら私達にはもう時間がないらしい。」

というセリフで一話が終わる。

 

やめて、もうライフはゼロよ!

 

東村アキコさん、なぜこのような恐ろしい漫画を描いたのか。そして友よ、なぜあなたはこの漫画を私に勧めたのか。もう辛すぎて読むのやめようかと思ったけど 、絵もかわいいし面白くてついつい読んでしまう。恐ろしい漫画だこれは…

この後もイケメン青年がアラサーに現実を突き付け、血みどろにぶった切っていきます。三人がいつものごとく酔いつぶれて転んだ時も

酔って転んで男に抱えて貰うのは25歳までだろ。

30代は自分で立ち上がれ!もう女の子じゃないんだよ?おたくら

 

f:id:ok723:20150704004158j:plain
引用:https://twitter.com/nomidopool/status/606977082996834304

f:id:ok723:20150704004216j:plain
引用:https://twitter.com/nomidopool/status/606977082996834304

あれ?25歳になる前にも抱えられた経験ないけど!?!これからはもっとないのね!?!?お姫様抱っことかされたい人生でした…

 

他にも心をぐさぐさ攻撃してくるシーン多数。 

あぁ…でもこういう友達周りにいるなぁ…。笑

試合(恋愛の場)に立たないでいて「ホームラン(自分の理想の人)だけ打つから!」ってベンチでふんぞり返ってるような…普段からきちんと練習した人だけがバッターボックスに立てるんだろうな…。自分はしないでいて、人の批判ばっかり言ってるようなアラサーにはなりたくない。 

2巻では香や小雪の恋愛模様も描かれてきます。 

 

香は元カレのバンドマン(彼女有)と、小雪は不倫…

ダメダメだな!?!?!?

ダメだとわかっててもぼろぼろになってでも、恋愛に振り回されるアラサー達。

この三人今後、どうなるのか!!?次巻、三巻は2015年8月12日発売予定らしいので、読むの怖いけど、気になるから読んだらまた感想書きます。

 

ちなみに作者の東村アキコさんは「別に私は女は結婚しなくちゃダメとか、女の幸せは男で決まるとか結婚できない女はかわいそうなんて全く思っていません」とのこと。

 

今日もアラサーの悲鳴が聞こえる…

  

個人的には、男絡みの相談があるときに発動される決まり文句が好き。

第!四!出!勤!

(元は消防用語だそうです)

  

とまぁ、こんだけ辛いやら怖いやら言ったけど、絵柄もかわいくて読みやすいし、面白いです!

タラレバ卒業出来るようにこの夏は努力しようっと…よし痩せるか…