読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

轟け!サブカル女子

上京を夢見るサブカル女

鳥人間コンテストってこんなにかっこよかったの!?(名言、名パイロット)

おすすめ
スポンサーリンク

f:id:ok723:20150901231328p:plain

今年も鳥人間コンテストが放送されます!
www.ytv.co.jp

鳥人間コンテストはアツい

正直、鳥人間コンテスト今まで見たことなかったんですよ。

だってさ

絶対地味でしょ

「頭のいい人達が飛行機作って飛ばすだけの大会の何がおもろいねん」と。

そんな風に思っていた時期が私にもありました。


だけど、あるパイロットを知ってから

鳥人間コンテストめちゃくちゃアツいやん!
かっこえ〜〜〜!!!

と、180度考え方が変わりました(笑)

放送前の予習ということで、鳥人間コンテストの歴史やルールから、名パイロット、パイロットの名言など紹介していこうと思いまーす!

鳥人間コンテストのルール

ルールとしては、至ってシンプル。プラットホームと呼ばれる離陸場所から、何キロ飛べるか競うというもの。初めの大会では滑空機80m飛行で優勝とか短い距離だったのが、大会回数を重ねるごとに段々と飛行距離を伸ばしていきます。
1986年8月2日に行われた第10回大会から滑空機部門と人力プロペラ機部門がそれぞれ新設され、そして現在「人力プロペラ機タイムトライアル部門」も合わせた計3部門になりました。

ちなみに、参加資格は学生だけじゃなく社会人もOKだそうです。知らんかったー!!!

初期のルールはプラットホームをスタート地点に着水距離までを競うというものだけでしたが、2003年に行われた第27回大会の人力プロペラ機部門で日本大学理工学部のサークルが今までになかった前人未到の記録を叩き出す異例の年となり、翌年から新しいルールが制定されました。

従来はプラットフォームから着水地点までの距離が記録となっていたが、第27回(2003年)に人力プロペラ機部門で日本大学理工学部のサークル・航空研究会のMöwe20(メーヴェ20)が約34kmという現会場での事実上の限界記録(松原水泳場→琵琶湖大橋間)を出した。この際の経緯は以下の通りである。
まず東北大(この年3位)が進路を北に向け対岸まで達したが、安全を考えそこで着水させた。
本チームは、1位を狙って南へと進路を向けた。
本人たちは琵琶湖大橋の下をくぐろうとしていたが、着水させるよう勧告が出た。
本人は納得がいかず旋回を続けたが最終的に説得に応じ着水。
琵琶湖大橋超えを行った場合や勧告無視の場合は、本来は規則違反で失格となる。
その後に東工大も同様に南へと進路をとり、1位には及ばなかったが2位。
このように明らかに問題のある進路設定になったため、翌第28回(2004年)からはルールが変更され18kmで折り返しするというルールが制定された。18kmを超えると大音響のサイレンが鳴り折り返しが可能になる(これにより往復で36kmが最長記録として出せるが、スタートで再度折り返しできるかは不明。第32回(2008年)の大会ではスタートで折り返しを行わず着水した)。
鳥人間コンテスト選手権大会 - Wikipedia

この距離、気になったので調べてみました…。
f:id:ok723:20150901204039p:plain
めっちゃ飛んでるっ!!!

人力プロペラ機部門はルール変更がされるぐらいどんどん飛距離を伸ばしている部門で、今年2015年の大会は初の40kmなるか!?と期待されてるそうです。楽しみ〜!!!

では、過去の名パイロット達、名言紹介をしていきまーす!


アナウンサー顔負けの実況フライト 宮内空野/東北大学Windnauts

www.dailymotion.com
2006年第30回大会の東北大学Windnautsの宮内パイロット。
この人力飛行機のエンジンとしての役割は、ギアなしの自転車で坂道をノンストップ2時間漕ぎ続けるくらいの体力が必要だそうです。

絶対無理。
私なら2秒で諦める。

鳥人間コンテスト 宮内空野名言

「横風を受けて多少流されているッ!」
「只今、対地速度27.4キロメーターパーァア!!」
「これがいわゆる竹生島の引っ張りってやつか?」
「只今、プラットホームに座標変更!」
「このままの風ならなんとか帰れるくらいだ」
「今、足がつった!最高につった!!!もはや限界が近づきつつあるッ!」
「カゼ キテクレ オネガイ」
「回転数85!ヤベェ…もはや…なんてことだ…」
「あ〜っ!?そんなところの筋肉がァ!マジで?」
「やれやれ…これでただの人に戻ったよ…」


俳優もびっくりの芝居がかったセリフまわし。ジョジョ感すらある(笑)恐らく普段の生活で言われたら失笑モノだけど、体力の限界を超えながらのこのセリフは結構ゾクゾクする!男子が必死になって何かをしている姿は単純にかっこいい!!!


レジェンドパイロット!中村拓磨/東北大学Windnauts

www.youtube.com
冒頭で言ってたあるパイロットっていうのは、2011年の第34回大会の中村さんの事でした。この年は東北大震災が起こった年。東北大学も被災したらしい。生活が崩壊して、恐らく練習なんてまともに出来る状況じゃなかったと思う。たくさんの人の期待と街の復興を背負ってのフライト。その熱意は鬼気迫るものを感じさせる。

鳥人間コンテスト 中村拓磨名言

「直進するッ!!」
「聞こえる?桂!GPSの信号がないッ!」
「対岸が見える…だがこれはダメなんだろう?」
「クソッ…GPSが切れたら俺は運転も出来ねぇのかよっ…」
「悪いね、ヘボパイロットで!」
「エンジンだけはっ…一流のところを見せてやるぜ…!」
「俺の人生は…晴れ時々大荒れ…いいねっ!いい人生だよっ!」
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!」
「いぎっ、ぐぁあああ脚がぁああああ!!!」
「あ゛ーー!動けぇえええええ!!!」
「東北大学だろ!ウィンドノーツだろ!!!」
「回れぇえ!!回らんかぁあああああ」
「くそぉおおお…まだまだいっぱい飛びたかった…」

これなんて碇シンジ???
中二病全開なセリフ回しがたまらんのです。

この動画兄に見せたら終始爆笑してて、私も初見は「なにこれwww」って笑いながら見てたけど、最後のほうは熱いものが込み上げて来ちゃって、気づいたら号泣してた…。きっとこれって学生の時に本気で何かに取り組んだ思い出があるかないかで、笑っちゃうか感動するかわかれるんじゃないかな。
彼のようにがむしゃらになって本気で部活に打ち込んでいた高校生の日々を思い出してしまって、何度見ても涙でぐしゃぐしゃになってしまう。

そんな中二病全開な中村さんですが、彼が凄いところは大学卒業後、ジョージア工科大学に所属し、航空宇宙工学を専攻しているという事。

中村拓磨 (なかむらたくま)
1990年5月27日生まれ
ジョージア工科大学所属
航空宇宙工学専攻
無人航空機(UAV)の制御の研究やってます
自家用機パイロット,計器飛行訓練中.これで雲の中も飛べるぜ!
2011年,鳥人間コンテスト,パイロット
東北大学卒

アメリカ滞在もトータルで4年目突入.大学の頃過ごした仙台も3年しかいなかったので,今年でアトランタが故郷の次に長く住んだ街になってしまう.20代も半分過ぎ,その半分以上がアメリカ生活.僕の体もそろそろ半分ぐらいアメリカの食い物でできているのかな.
エンジニアとしても,パイロットとしても,自分でやれることが増えて楽しい今日この頃.自分で設計して自分で作った飛行機が自分の書いたプログラムで飛ぶ快感.学んだ理論を自分でセスナで実践して死にかけるスリル.航空工学,制御工学ってガチでおもしろいなぁと思えてきた.将来飛ばすのは飛行機か?ヘリか?ロケットか?宇宙船か?俺がまとめて全部ぶっ飛ばしてやるぜ!
将来の夢:あなたを宇宙に連れて行くことです

「将来の夢:あなたを宇宙に連れて行くことです。」

かっこよすぎかーーーーー!!!

他にも、1986年に九州大学鳥人間チームで機体制作部として参加していた若田光一さんは、卒業後夢を叶え、宇宙飛行士に。好きなものを突き詰めて、本当に夢を叶える人達。鳥人間コンテスト…最高にアツい奴らの戦いだぜ…。

まとめ

鳥人間コンテストを工学オタク達の大会だと思っていた自分が恥ずかしい…。青春&中二病丸出しな出場者たちから目が離せない!果たして今年はどんな熱い戦いが見れるのか…。テレビ放映で見るのは初めてだから今からめちゃくちゃ楽しみだな〜!名パイロット誕生に期待!!!

▼2017年に映画化される鳥人間コンテストを題材とした『トリガール』原作本。空飛ぶ青春ラブコメ!

▼こちらの記事もよく読まれてます