読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

轟け!サブカル女子

上京を夢見るサブカル女

ちょっとここらで、アンチに一言物申す!

ひとりごと はてブ20以上
スポンサーリンク

f:id:ok723:20150907181423j:plain

最近、好きなブロガーさんたちが、言葉の殴り合いというか、熱いバトル合戦を繰り広げておられましたが…なんていうか…

うっ、羨ましい。

私も否定的発言されたい。アンチ欲しい。炎上したいじゃなくてアンチね。

えっ!?アンチが欲しいとかバカなの!?批判されたら傷つくじゃん!

って、それは確かにそうなんだけど、アンチって単なる「攻撃者」「批判者」として排除してしまうには勿体無い気がした。

あ、もちろん「死ね」「バカ」「アホ」「糞ブログ」「つまんねー」「クソ女」などの、なんのひねりもない単なる言葉の暴力を投げかけてくる人はNG。それから貶めようとするような人達。こういう人達には関わってもなんにもいい事なーい。アホっていうほうがアホだもん!アーホアーホ!(小学生レベル)

ここで私が言う「アンチ」というのは、私が発信したことに対して「批判的な意見」を投げてくる人だったり「私の意見と真逆の意見でもしっかり言ってくれる人」という方々の事。

アンチは成長の起爆剤になり得る?

確かに「ポジティブな発言」や「褒める事」はめちゃくちゃいいと思う。ブロガーさんの自己顕示欲満たしまくってまくりまくる。私も満たされまくってる。コメントくれるブロガーさん達、忙しい時間をさいてコメントくれていつもありがとうございます。大好きです。普段怒鳴られたり怒られてばっかりの社会人にはたまらん世界です。

駄菓子菓子

もしも誰かのブログに100人中100人がポジティブなコメントを書いていたとしたら、そのブロガーさんはどうなるだろう?

ポジティブなコメントで埋め尽くされたブログは、どんどん面白さだったり勢いを失っていくんじゃないか

って。

恐らく、自分周辺の小さな輪の中で傷つくことを知らないまま、ぬくぬくと育った人って絶望的におもろない。自分自身ぬくぬく温室育ちなので「お前の話しはつまらん」ってよく言われます。つら…

「傷つけられるの怖いし」って、小さな輪から出ようとせずにその中で満足しちゃうんです。

物事が面白くなる時って自分とは異質のものに触れて、刺激を受けたり、知らなかった世界を見る時だと思っている。

f:id:ok723:20150907181655j:plain

ネムルバカ (リュウコミックス)

褒められるの繰り返しでも伸びていける人はそのままでいい。普段から自分を客観視出来て、きちんと努力できるタイプの人だろうから。

けど、私の場合はずっと褒められ続けたら、すぐ調子のって結果空回りしちゃうタイプ。たまーにチクっと嫌味とか言ってくれる人がいたほうが「なにくそふざけんな」って奮起してやる気バリバリになったりする。もちろん落ち込むけどね。

過度はよくないけど、適度なストレスがあったほうが、きっと面白いものが出来るし、日々も充実するんじゃないかと思うわけです。

それから「挫折を経験した人の話は面白い」「キラキラと爽やかできれいで、みんなにいい顔する人より、ちょっと毒っけのある人のほうが人間味があって面白い」と個人的には思っている。

アンチ発生条件

私が「これ面白いなー!」と思う記事には、大体ネガコメだったり「間違ってる」「つまらん」みたいな批判的なコメントがあって。ある一定数の人が「面白い!」と判断したものには必ずアンチが発生している。人気者のいる場所にアンチあり。ネガコメはファンの人だけじゃない、大勢多数の目にとまったという証拠。つまりアンチ、ネガコメがきた=自分のファン以外の大勢多数が自分を見てくれているということで…落ち込むどころか喜ぶべき現象かも!!!その人の心の中に言葉が届いたってことじゃん!しかも初めはディスってたけど、今後ファンになってくれる人もいるかも!こんな嬉しい事ってありますか!たまんないね!!!

アンチの心理

アンチの心理が知りたくて、試しにグーグルで「アンチ」と検索してみたら、なぜか「辻希美」が出てきた。笑

そしたら辻ちゃんブログを監視して、悪口をつらつらと書き込むアンチサイトなんてものが。ママ様方怖すぎますよぉ…

なんでここまで辻ちゃんが叩かれるのか、私にはわからない。

なぜなら辻ちゃんに興味がないから。ブログすらちゃんと見たことない。

料理の盛り付けが下手だ!晩飯メニューが偏りすぎ!とか、正直私からしたら「どーでもいい」って思ってしまう。子供産んだら変わるのか?…いや、多分変わんない。辻ちゃんが子供に栄養のない食事をあげてようが、汚い盛り付けしてようがどうでもいい。自分の生活で必死だし、辻ちゃんに全く興味ないんだもーん。

で、辻ちゃんのブログ記事ひとつに過敏に反応してしまうアンチの心理って、結局「辻ちゃんの動向が気になって気になって仕方ない」状態なんだと思う。だから「その人が書いている内容に発言したい、文句を言いたい、野次入れたい」といったアクションを起こしてしまうんだろう。

そこには嫉妬だったり妬みだったりまた他の感情があるのかも知れないけど、本当に嫌いな人だったら、その人とコンタクト取ることを避けようとすると思うんだよね。見たくもないし、その相手のこと考えてイライラしている時間ももったいないし。

ここであることに気づく。

ちょ、待てよ

アンチっていうのは

ちょっとツンデレな自分のファンなんじゃ…?

だってわざわざ貴重な時間使ってコメントしてくれてるんだもん。わざわざ文句言いに来てるんだもん。私の知らなかった情報教えてくれたり、違った価値観もあるよって教えてくれてんだよね…

これって私の事好きじゃんね?無視できないほど、私のことがアンチの中で大部分占めてるってことでしょ?もはやラブじゃんラブ。

ツンデレアンチに「お、お前なんか嫌いなんだからねっ!」ってツンツンされながらコメントされたい。そして最終的にはデレデレラブラブあなたなしじゃ生きられない!みたいにさせたい。

なんか何言いたいかよくわからなくなってきた。

有名人と一般人の境目

私的に有名ブロガーと一般ブロガーの境目というのは、アンチがいたり、定期的に否定的コメントされているかどうかだと思っていて

AKBにアンチがいるのは、大多数の人に「AKB」というアイドルグループが明確に認識されているからであって、存在を知らないものに対して苛立つというのはなかなか難しい。「キュピトロンの嫌いな点あげてください!」と言われても「ぽかーん( ゚Д゚)」だもん。AKBに比べるとまだまだ認知度が低いので、悪口言おうにも難しいと思う。

(キュピトロンファンの人ごめんね)

つまり

アンチがいる=認知度が高い

ってことなんじゃないかな。

行動がマイナスのほうに向かっていることはたしかに悲しいけど、嫌いなものにもアクション起こすその熱意だけ見たら、私はアンチも悪くない存在だなぁって思うよ。無視されるよりはね。無関心が一番辛い。

文句を書き込む時間も消費してるわけだし。その貴重な時間を使ってくれたことが私は嬉しい。無関心でいられるよりよっぽど嬉しいって思う。

結果的に、アドセンスにも協力してくれてる事になるしねっ!あざまーーーす

まとめ

批判的なコメントは、確かに傷つくけど「なるほど、こういう見方もあるのか」「こんな考えもあるのか」と刺激になる事も多々ある。自分を攻撃してくるアンチも、視点を変えれば「一番の応援者」になるのかも知れないし、ひとつの考えだけでなくて、色々な考え方を吸収させてくれるって意味ではアンチも悪くないって思える。そしてちっさなプライドをアンチにズッタズタにされることで、またひとつ強くなれるのだ!しかもスルースキルも鍛えられます!!!やったね!

って、まだアンチいないけどね!!!

レディース・アンド・ジェントルメンな爽やかブロガーさん達にどっぷりと溺愛されて、自己顕示欲満たされまくって、毎日平和に更新させていただけております。ありがたやありがたや〜

アンチ欲しい!とか言いつつ実際出来たら、メンタルお豆腐なので、きっとふっつーに傷つく。もれなくもろもろになるな…それはそれで楽しそうだけど…(ドのM)

まぁ、きたらきたで「よくきたね!!!」とスルー楽しみながら、悪目立ちすることなく、ひっそりこっそりと続けていこうと思いまーすっ。

そういや、汚い言葉ばっかはいてたら、言霊になって自分に影響してくるらしいから、悪口もほどほどにしたほうがいいですよ~ 言葉の力ってすごいねっ

ばいばいっ