読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

轟け!サブカル女子

上京を夢見るサブカル女

【全話感想】『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです(できしな)』のネタバレ、あらすじなど

ドラマ 恋愛 アラサー
スポンサーリンク

f:id:ok723:20160504151638p:plain
http://www.tbs.co.jp/watashi_kekkon/

アラサー女子のみんなー!幸せな恋愛してるー?

『夢をかなえるゾウ』著者の水野敬也さんが女性向けに書いた恋愛本『スパルタ婚活塾』が原作のドラマ『私 結婚できないんじゃなくてしないんです』が放送開始しました!

美貌も優れたキャリアも持っているのに、彼氏なし、独身アラフォーの橘みやび。幸せな結婚をする為に毒舌シェフの十倉から恋愛術を学んでいく。果たしてみやびは幸せな結婚をすることが出来るのか!?

ということで、ドラマ感想1話から最終話までまとめて書きました!

「できしな」の恋愛名言、テクニックはこちらにまとめました。
www.subcul-girl.com

できしな あらすじ

「結婚しようと思えばいつでもできる!」と高をくくり、充実したシングルライフを満喫していた“上から目線”のアラフォーヒロイン・橘みやび(中谷美紀)は、女友達と訪れた割烹料理店で超毒舌な店主・十倉(藤木直人)から、“美人・キャリア・アラフォー”という三重苦を背負った“恋愛弱者”に陥っているという現実を突きつけられる。
最初は憤るみやびだが、ある出来事をきっかけに十倉の発言を痛感。
そんな中、みやびは高校時代ずっと片思いを抱いていた同級生の桜井と再会し、桜井への想いが再燃していくのだが、そこには思わぬ落とし穴が……。
みやびは理想の結婚に向けて、十倉のスパルタ恋愛術に挑む!
果たしてみやびは“恋愛弱者”を脱し幸せをつかみ取ることが出来るのか!?
あらすじ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』TBS

第1話『好きな人に好かれる方法教えます!』

あらすじ

とある高校の同窓会で、一際注目を集める美女・橘みやび(中谷美紀)39歳。青山で美容皮フ科クリニックを営む開業医。美しさも社会的地位も手にした一流の女。高校時代から高嶺の花だったみやびに群がる同級生たち。だが、みやびが「独身」で「彼氏もいない」と知ると、場の空気は一変。口々に励まされてしまう。

その夜、みやびは独身女友達とのグルメ女子会へ。完全紹介制の和風割烹「とくら」で、同窓会で会った男を酒の肴に言いたい放題。こだわりの料理もそっちのけでお喋りに夢中になるみやびたちに、ついに憤りが限界に達した店主・十倉誠司(藤木直人)が口を開いた。丹精な顔からマシンガンのように繰り出される毒舌の数々。
「結婚できない女の典型だ!」
最後の一撃とばかりにぶつけられたその言葉に、みやびは宣言する。
「結婚?別にしようと思えばできるけど? 落として見せます必ず!」

とは言ったものの、考えてみれば知人は既婚者ばかり。クリニックのナースたちは、ランチをデリバリーにくるカフェ店員・諒太郎(瀬戸康史)がお気に入りだが、年下は恋愛対象外。すでに意識高く婚活中のナース・梨花(大政絢)に叱咤され、みやびはついに結婚相談所へ足を運ぶ。だがそこには厳しい現実が待っていた。

そんな折、同級生の池田(音尾琢真)と食事をしたみやびは、高校時代に片思いをしていた同級生・桜井(徳井義実)と再会する。仕事で輝き、価値観も似ていて、しかも独身。胸の高鳴りを感じるみやび。娘の幸せを気にかける母・昭子(夏木マリ)からも背中を押され、勇気を出して桜井と2人で会う約束をとりつける。恋愛教本を読みこみ、愛され女子に完全武装完了。
十倉が横目で観察する中、みやびは全力で桜井を落としにかかるが…!?
第1話あらすじ

感想

原作本読んでたからっていうので、見始めたドラマだったんだけど、勢いがあってテンポもいいし、恋愛テクニックも学べるし、めちゃくちゃ面白かった!

恋愛弱者のみやびに料理屋店主の十倉が恋愛アドバイスをして、最終的に結婚を目指す…というストーリーなんだけど、男性目線のアドバイスなだけあって「男性はそんな事思ってたのか…!!!」と思うことも。
例えば、男性の嫌なところをちょっと見ただけですぐ悪く言うみやび達に対して、十倉が
「タイプじゃないだけで恋愛対象から排除するのは、もったいない!」
って言うんですよね。あ〜これ女性なら一度は絶対やったことあると思います。デートした相手が店予約してなかったとか服がダサかったとか、そういうところで幻滅しちゃうパターン。そんで女子会のネタにされるっていうね(笑)

男性の見えない可能性に目を向けろ!と強く語る十倉。

十倉「もしかしたら竹野内豊の友達かもしれない、竹野内豊の親族かもしれない、よく見たら竹野内豊に見える奇跡の角度があるかもしれない!!!」

おぉーなるほどー!って…
流石にねーーーよ!

みやびが恋愛本のアドバイスを鵜呑みにして、見事に失敗する下りは、私も同じ経験したことがあるのでめちゃくちゃ共感しました。

恋愛経験値の少ない人って恋愛本に逃げるか、恋愛カウンセラーみたいな人にすがるようになっていくんだけどさ、正直女性が書いた恋愛本って、あまり当てにならない事多いよね〜(笑)

私が読んでた本は、売れっ子キャバ嬢が書いた本だったんだけど

「男に尽くす女になれ!」
「男を喜ばせる女が愛される!」

てな事が書かれてて、そして尽くすテクニック実践してみたら、見事大惨事になりまして(笑)

そもそもさー、売れっ子キャバ嬢の大技を素人女が出来るはずないんだよ!あの人達プロだから!その道のプロだから!素人が手出していい技じゃなかった!うん!

十倉が「男性にウケるにはツッコミマスターであれ!」ってアドバイスするんだけど、私の友達、見た目は至って普通の女の子。だけど常に彼氏がいてモテモテ状態。別れたと思ったらまたすぐ彼氏がいる!みたいな子。

そして、その子は確かに『ツッコミマスター』でした。

ツッコミマスターの技の内容はこんな感じ

  • ツッコミが的確(的外れな事を言わない)
  • 会話の予定調和を崩す
  • やたらと絡む
  • 急に話題を変える、揺さぶる
  • 突然因縁をつける
  • シャラップツッコミからのソフトタッチツッコミ

あっ…これコミュ障には無理なやつだ…(笑)

ツッコミをマスターすると、会話に笑いが生まれて会話が弾む。会話が弾むと男性は「あ、この子といたら楽しいな、また会いたいな」と思うんだって。最強じゃないですか、ツッコミマスター。身につけたいよツッコミ力。

ただ、この技はある程度場数踏む必要がありそう。

男性が話してきた事に対して相槌を打つだけじゃなくて、こちらも変化球を投げてくくらいのスタンスのほうが、男性的には「おっ、この子いいじゃん」って思うのかもね。

あとBGMで『春よ来い』が流れる回想シーンめっちゃツボでした!あ〜〜〜青春キラキラ具合がたまらんねぇ〜〜〜!恐らく視聴者30代前後〜40代だからその層に刺さるBGM選んでるんだろうなぁ。今後のBGMも楽しみです。

それにしても…徳井さんの標準語、引っかかったん私だけ?(笑)

まとめ

食べず嫌いせずに、男の可能性を見いだせ

  • ルックスやスペックが好みじゃなくても、一旦興味を持ってみる
  • 他の女性が気づいていない男性の魅力に気づく

ツッコミマスターであれ

  • 尽くす前に突っ込め!
  • 好かれようと変な気を使うのではなく、素直に会話を楽しむ
  • 会話が弾むことで相手は居心地の良さを覚える

第2話『誰にでもモテる方法教えます』

あらすじ

f:id:ok723:20160516165930j:plain
https://www.youtube.com/watch?v=fvpZ3AMftW4

十倉(藤木直人)から恋愛指南を受けることになったみやび(中谷美紀)は、まずは心に余裕を持つために、保険となる仮の彼氏=“仮氏”を作れと指示される。
だが、仕事が忙しい。はやくも恋愛への意欲が薄らいでいくみやび。そんな中、クリニックに高校の同級生・優里(平岩紙)がやってくる。みやびと桜井(徳井義実)の事をずっとお似合いだと思っていたという優里は、みやびの恋を応援する。
やる気を持ち直したみやびは、梨花(大政絢)と一緒にインドア・クライミングの“趣味活”に参加することに。そこでごくごく普通の会社員・石田(鈴木浩介)に出会う。梨花が言うには「合格圏内」だ。みやびに好意的な石田に、当然期待するみやびだがそれも束の間。石田から紹介状を書いてほしいと頼まれ…。ツテ扱いされ落ち込むみやびに、十倉は「“3つのション”を男受けに変えろ!」と指示する。

そして今度はいざ、婚活パーティーへ。十倉から指南された“3つのション”を守り、みやびはみごと男性参加者の人気を集める。そこへ、医師と名乗る津山(井上芳雄)が現れ…。
第2話あらすじ

感想

f:id:ok723:20160508221207j:plain
今回もめっちゃ勉強になる回でしたー!学生の時に知っておきたかったよ(笑)

仮の彼氏「仮氏」を作れ!という驚きの恋愛テクニック。

本命の人が出来ると、付き合いたい!デートしたい!会いたい!みたいにどんどん余裕がなくなっていくんだけど

仮氏を作ることで、そのバランスを上手く取るというもの。

人は求めれば求めるほど余裕がなくなるので「最悪あいつがいるから大丈夫か」という『心の保険』をかけておくことで、本命彼との関係性も上手くいくようになるという。

まぁ、世間で言う『キープ君』というやつですね(苦笑)

キープだとあんまりいい響きじゃないなぁと思うけど『仮氏』だとスッと入ってくるから、水野敬也さんほんま天才ですね。笑

「私にはこの人しかいない!」って思っちゃうと相手に対して必死さがバンバン伝わっちゃうんだよね。その必死さって温度差があればあるほど「あいつ必死すぎてキモい」ってなっちゃう(悲)

男性は女性特有の重たさや、自分の縄張りの居心地の良さにとても敏感なので、女性の方からアピールしすぎるとどうしても

「こいつ付き合うと重たそう…」
「必死過ぎて引く」
「居心地悪い」

と受け取られてしまうみたいです。

一人に固執せずに分散させる効果のある仮氏。あと、長らく恋人のいない人が恋愛の感覚を思い出す練習をするって意味でも効果がありそう。

私も一時期この仮氏理論実践して、仮氏作って本命彼にはガツガツいかずに、寂しいなーと思う時は仮氏くんに連絡!みたいな事をしてたら、数回のデートのち見事本命彼くんから告白されました。効果は絶大だ!!!

感情コントロールが下手だ、っていう女性はぜひこの仮氏理論試してみて。

あと男性から「彼氏いる?」と言われた時の返事の正解もアドバイスされてましたね。私バカ正直に「もう3年くらいいないや〜あっはっはー」って答えてました。だめだこりゃ。笑

羞恥心が勝ってしまって絶対言えないけど、いつか
「もしも彼氏いるって言ったら…会ってくれないの?(うるうる目で見つめる)」
みたいな事言ってみたいもんです。

あとは『3つのション』も凄く勉強になる内容でした。

  1. コミュニケーション
  2. リアクション
  3. ファッション

コミュニケーションは明るく、愛嬌たっぷり、程よく本音で異性と接する。心をオープンにして、相手にリラックスしてもらうこと。

リアクションは常に本物の感動を。相手が楽しい話をしたら全力で楽しむ、悲しい話には共感して悲しむこと。

最後にファッションは清らか、可憐、可愛らしいをテーマに以下のようなアイテムを身にまとい、男性の永遠の憧れ『女子アナ的ファッション』を目指すこと。

  • パステルカラーのワンピ
  • シースルー
  • 細ヒールの靴
  • てろてろスカート
  • アンサンブル
  • タイトスカート

コミュニケーション、リアクションの部分は習得に時間がかかるんだけど、ファッションなら今日からでもすぐに変えられる部分なので、取り入れていくべきだと思いました。
女子アナみたいなファッション生まれて一度もしたことないから、これを機にふわふわスカートとかはいてみようかな。相手からのリアクションを変えようと思ったら、自分が変わるしかない。友達には「その格好どうしたん(笑)」とか爆笑されそうやけど。笑

そういや、今日の回想シーンBGMはスピッツの『空も飛べるはず』でしたね。選曲が毎度素敵すぎるなぁ…。

まとめ

仮氏を作れ!
余裕を持たせる為『心の保険』をかけておく
準備無しでいきなりエベレスト登ろうとしても大怪我&瀕死状態になるのは目に見えているので、しっかり準備をしてまずは高尾山辺りで練習すること

3つのションを身に付けろ
男ウケするコミュニケーション、リアクション、ファッションで「女性は怖い」と思っている男性に安心感と癒やしを伝える事

第3話『デートで男性を落とす方法教えます』

あらすじ

f:id:ok723:20160521205510j:plain
https://www.youtube.com/watch?v=nLu--xbg0pE

十倉(藤木直人)の教えで“仮氏”を作ろうとしたみやび(中谷美紀)へ、知り合ったばかりのサラリーマン・石田(鈴木浩介)が交際を申し込んできた。しかも「結婚を前提に」!
だが本命はあくまでエベレスト男子・桜井(徳井義実)。十倉曰く「エベレスト登頂のための高地トレーニング」を積むため、みやびは少し申し訳なく思いながらも、石田と付き合うことにする。
 会社で「ミスターアベレージ」と呼ばれているという石田は、何から何まで見事に平均的。梨花(大政絢)から「“普通”がいかに貴重か」と背中を押され、みやびはとりあえず食事をしてみる。だが、いちいち石田の気に入らない部分が目に付いてしまう…。十倉の店で愚痴るみやびに、十倉はデートの極意を伝授する。その名「ライフ・イズ・ビューティフル」理論とは…?

しばらくして、石田から次のデートに母親を連れて行きたいとメールが入った。あまりに突然の“母親登場”にみやびは面食らうが、仕方なく自分の母親・昭子(夏木マリ)を連れて、まさかの4者面談に臨む。

一方、優里(平岩紙)の家でクラス会が開かれることに。優里の計らいで、みやびは桜井と待ち合わせて行くことになり…。
第3話あらすじ

感想

石田さんに告白されて、付き合うことになったみやび。あら、もう結婚?最終回?笑

「普通なんて可もなく不可もなくでつまらない」と嘆くみやびと「普通こそ奇跡!!!」という梨花。梨花ちゃんはリアリストだなぁ…。笑

でも、女性って「普通な人がいいー!」とか言いつつ、石田みたいな平均点な人がいたらいたで「普通でつまんないんだよね…」とか言っちゃうよね。矛盾した生き物だよね(笑)

今回のテクニック「ライフ・イズ・ビューティフル理論」良い!辛い状況の中でも悲観せずにいたことで、困難を乗り越える映画『ライフ・イズ・ビューティフル』からきているこのテクニックなんですが、私いつもこんなマインドです。辛い事があったり悔しい事があっても、悲しむのは損してる気がするって意識がどこかにあって、辛いことの中からどうにか笑える部分がないかとか、見方を変えれば楽しい部分あるんじゃないかなとか、マイナスな出来事の中からポジティブな事を探す癖がついてます。

だから旅先でハプニングとか起こっても「どうしよう、でもこの状況楽しいね(笑)」って楽しんじゃうタイプです。笑

そうしてたら、良い気が舞い込んでくるような気がするんよね。自分も明るい気分でいられるし。男性は明るい女性が好きだから、そういう気持ちでいたら必然と好意抱いて貰えるようになるのかなーなんて。


石田とデートしてみたら、スーツにリュックサックでくるわ、店は予約してなくて段取り悪い、おまけにクーポン使うわで石田にげんなりするみやび。

東京の人って店予約してて当たり前なのかな…?クーポンも全然平気。っていうか、私長年付き合った彼氏に店予約してもらってたことなんてなかったよ…(苦笑)

っていうか、これスーツにリュックがダメだったわけでも、店予約してないのが悪いわけでもなくて、ただ「石田のことがそこまで好きじゃない」ってだけなんよね。悲しいことに。

同じ状況をイケメンがやったらスーツにリュックで来ても「他の人とは違うセンスかっこいい!抱いて!」ってなるし、クーポン使っても「節約家なんだね…好き…抱いて…!」ってなるもんなんです(これは酷い)

女性特有の「好きフィルター」ってのがあるから、こればっかりは仕方ないね…。

最後の方で「理想の男を選ぶか妥協できる男を選ぶか」というかなり重大な選択をみやびは迫られることになります。これ女性なら一度は考えたことあるテーマだと思います。

私も悩んだことがありました。自分の事を大事にしてくれる男性がいたのにも関わらず、その人を同じくらい大事に思ってあげられなくて、自ら終わりを告げてしまった。

その当時は本当にめちゃくちゃ悩んだんだけど、もしその人と結婚してもいつか破綻してたんじゃないかなーって今は思います。

かといって、理想の男を追い求めすぎるのも間違ってる気がしてる。

結婚って、普通の生活がただただ流れていく。そんなもんなんだろうなって。ワードだけ見るとキラキラしたものに感じるんだけどさ、結局他人と価値観やルールを共有しながら生活していくこと、ただそれだけ。

そういう事を考えずに、理想の男と結婚出来たとしても、結婚してくれる男性と妥協で結婚したとしても、結局色んな不安や悩みからは開放されないんじゃないかなって思ってる。

焦って結婚した場合は「私なんでこの人選んじゃったんだろうなあ…」とか思い始めちゃったりしてね。笑

昔はお見合い結婚で「親が決めた人と一生添い遂げる」みたいに誰かに強制されたものだったから迷うこともなかったけど、今は自分で自由に選ぶことが出来る。しかもネットの普及で出会う人の母数も多い。

だからこそ迷う。

私の場合はどちらも選べないなぁって思ったんだけど、理想か妥協か。頭で考えて考えて答えが出せずにどうしようか迷うくらいなら、心が動く方に行動してみるのもアリだと思う。

それにしても、みやびが勢いで婚約者宣言しちゃった時の桜井「え、あんな普通の男と…?」って顔してて面白かったなー(笑)

結局石田さん振っちゃったけど、みやびが桜井を好きな理由って今の桜井が好きっていうより過去の思い出の中の桜井が好きって感じやんね…。桜井くんとくっついても幸せになれるかどうか怪しいぞこれ…。

まとめ

「逆に楽しい」というスタンスでデートに臨む

  • 全ての物事にはプラス面とマイナス面が。結婚生活でも楽しい時もあれば辛い時もある。そんな辛い状況になった時でも一緒に乗り越えて行けるように、どんな状況でもプラス面を探す練習をしておく。大変な状況になった時にどっしり構えていて安心させてくれる女に男は惚れる。
  • その男性が持つ可能性を見つける。

好きな男か、結婚出来る男か悩んで選び取る

  • このまま一途に好きな男を追い求め続けたとしても、何の保証もないし何の見返りもない。
  • 好きじゃない相手と妥協結婚しても家庭は手に入るが、夫を好きにはなれないかもしれない。永久に。
  • どういう人生を歩みたいか自分で決断するしかない。

第4話『合コンで圧勝する方法教えます』

あらすじ

f:id:ok723:20160609165531j:plain
https://www.youtube.com/watch?v=ZchnG9XnBd0

桜井(徳井義実)の元カノ・エリ(松井愛莉)の出現に気が気でないみやび(中谷美紀)は、朝から十倉(藤木直人)をつかまえて報告する。若くてかわいく、圧倒的な押しの強さで男を落とす…十倉いわく「ストロングスタイル」のエリ。このままではヨリを戻すのも時間の問題だ。ショックで戦意喪失したみやびに渇を入れた十倉は、緊急トレーニングとして連日連夜合コンするよう命じる。

みやびが合コンに行くと聞き、佳子(マルシア)と望海(蘭寿とむ)は反対。だがみやびは過去の経験上、実は合コン受けに自信があった。

夜、みやびは梨花(大政絢)と行った「とくら」で、偶然桜井に会う。そこに突然エリが現れる。天真爛漫でパワフルなエリに圧倒されるも、やる気が沸いたみやび。クリニックのナースたちと一緒に合コンへ参加するが…。

その後十倉は、みやびに「十倉流・合コンの心得」を伝授。みやびは、諒太郎(瀬戸康史)が集めた男性たちを相手に、再び合コンにチャレンジする。
 
一方エリは、みやびと桜井の間に何かを感じ…。
第4話あらすじ

感想

f:id:ok723:20160609165529j:plain
https://www.youtube.com/watch?v=ZchnG9XnBd0
桜井の元カノエリがついに登場!しかも20歳前半という驚きの若さ。しかもストロングスタイルの女子。アラフォーみやび太刀打ちできる…???
にしても、桜井やるな。職業や年収が良くてモテる男性って40歳くらいまで遊び続けて、落ち着いたら20代前半のカワイイ女の子とサクッと結婚するって聞くけど、ほんまにこんな感じなのかな…。

今回の十倉のアドバイスは合コンで使えるものでした。でも合コンいかないから、今回のはあんまりいらないかなぁ…。合コン怖い!

それにしても、みやびが自信満々で合コンに参加して、場が凍りつきズタボロになるシーン見ていて辛かった…。

「私なんてもう5年も彼氏いないから!」
「39歳で〜す!」

恋愛マンガモテない女は罪であるの中で

女性の自虐は「そんなことないよ〜」って言ってもらいたい魂胆が見え見えだから、男性からしたら重たいし、面倒くさい女に見える。

って書いてありました。

男性が「どうせ俺なんて〜」って言っちゃうのと一緒のやつです。言われた方はフォローしなきゃいけないから、めんどくさいです(笑)

で、こういうこと言っちゃうのって自信のなさから来るんですよね。

長年連れ添った彼氏になら言ってもいいかもしれない。笑い飛ばしてくれるでしょう。でも、みんなわいわい楽しみに来てるのに合コンでそんな重たいこと言われたら確かに引いちゃうよねーっていう。

合コンでは自虐しないこと、そして正論を振りかざさないこと。胸に刻んでおきます。

ちなみに「彼氏は?」の質問に対しての答え方は、「彼氏いないんです〜」でも「彼氏います♡」でもなくて

「彼氏はいるんですけど、今ちょっと微妙で〜(苦笑)」

が合コンではウケ良さそうだなって思いました。


対合コン用コミュニケーションを十倉が伝授するんだけど、本当にこれ合コンのウェーイ!みたいな空間でしか使えないやつだ。

  1. トークを極めよ
  2. おさわりを極めよ

だってほら…おさわりって響きがもう…いやだ。笑

「トークを極めよ」は普段なら真面目に答える所を、面白おかしく答えるというテクニック。

年齢聞かれたら「あ、28歳です…」って自信なさげに答えるんじゃなくて

「さぁ〜?いくつでしょう?答えは番組の最後に〜!」
「まぁ年齢っていうのはその人の歴史っていうか、いろんな経験があってその度に色んな気づきがあって成長してきたわけで…恥ずかしいことじゃないから正直に言うけど、二十歳です♪」

みたいな感じでその場がドッと盛り上がるような返答の仕方をしろ!っていうものでした。

「彼氏どれくらいいないの?」という質問には「三ヶ月!犬年齢で言うとね♪」とおどけて答える。


そしてその2の「おさわりを極めよ」は合コンで使えるボディタッチ技のこと。

しかも不自然にベタベタじゃなくて、至って自然に触るのがポイント。あくまで会話の流れで触った、ようにみえるのがいいみたい。

  • ソフトびんた…軽口叩いた相手の頬をぴしゃり、叩くふり
  • どっこいしょタッチ…トイレに立つ際に『ちょっとごめんね』と相手の肩を支えにしたりしながら、さりげなく立ち上がる
  • アニマル餌付け…動物に餌をあげるようなコミュニケーションを取る

f:id:ok723:20160610142813j:plain
最後のアニマル餌付けどうなの〜!?みやびがラコステ着てる男性に「ほ〜らご飯ですよ〜」って言いながら、きゅうりをワニのマーク(位置が乳首!!!)にぐいぐい当てるシーンがあったけど

いや、流石にこれはないでしょ!!!

って思ってたら、俳優さんめちゃくちゃ嬉しそうでした!(笑)いや〜男性ってバカですね〜(褒め言葉)

今回のできしなも学びが多い回でした。『男は自分のテリトリーにしゃしゃり出てくる女を嫌う』というのも目からウロコでした。男の人は困ったときの逃げ場所というか、問題にぶつかった時に考えを整理する為に一人になってゆっくり落ち着ける場所が欲しいみたい。

女性からしたら全部共有しておきたいし、好きだからこそ彼の何もかも把握しておきたいってついつい思っちゃうんだよねぇ。そこをわかった上で放置してあげられるのが、モテ女子なのかも。

っていうか

みやびやっちゃったぁああ〜〜〜!

はい、諒太郎と寝ちゃいました。ワンナイトでラブでした。笑
最近諒太郎といい感じの演出が多かったから「くっつくんかな?」って思いながら見てたけど、まさかこんな展開とは。

女の敵は女じゃなくて、寂しさだね。笑

まとめ

誰も求めてない自虐をしない
自信がないことを自虐に逃げない。そして正論を振りかざさないこと。

トークを極めよ
真面目なトークは真面目な場面ですればいい。場にあった会話を楽しむこと。

おさわりを極めよ
キャバ嬢みたいなボディタッチはひかれる。あくまで自然で楽しくなるようなコミュニケーションを。

第5話『友達から本命にのし上がる方法教えます!』

あらすじ

f:id:ok723:20160609165814j:plain
https://www.youtube.com/watch?v=xJJuzqnnkp0
桜井にフラれたショックで、優しくしてくれた諒太郎とうっかり一夜を共にしてしまったみやび。「桜井のことは潔く諦めて、諒太郎をこのままモノにするしか残された道はない」と十倉に言われるが、桜井への気持ちは簡単に忘れられそうにない。
諒太郎からは「今は彼女欲しくない」と言われ、みやびは動揺を隠せない。友達以上恋人未満の関係。落ち込むみやびに、十倉はいまの立場から『本命』に形勢逆転する方法を伝授する。

感想

f:id:ok723:20160609165821j:plain
https://www.youtube.com/watch?v=xJJuzqnnkp0
前回でストーリーが大きく動いた事、そして今回は今までと違ってかなりリアリティのあるテーマで面白かった(笑)

今回は友達以上恋人未満の関係に悩む女性必見の「友達以上恋人未満から脱却する方法」を教えてくれる回。好きな人と身体だけの関係になってしまって悩んでる女性に役立つアドバイスでした…!

「都合のいい女」という立場は、圧倒的に不利な状況。そんな状況から立て直す作戦を十倉が教えてくれます。

それにしても子供の頃の友達以上恋人未満ってワクワクどきどきする存在って意味だったのに、大人になっちゃうとこんなにも意味の違うものになってしまうんだね…切ない。

諒太郎とそういう関係になってしまった事に対して

「だからそうじゃなくて、彼今誰とも付き合う気がないんだって。」
「なんていうか、今時のちょっと不思議っぽい子なの。」

なんてとぼけた事を言うみやびに、十倉は厳しい言葉を投げかける。

「馬鹿か、その手のファンタジー男子と清純無垢な巨乳ヒロインは二次元の中にしかいない。
「理想の男性と結婚するため必要なのは真実と向き合う勇気だ。それはその年下男にとってお前は本命にするほどの相手じゃないと言う事。
「男のリアルな声、それは『とりあえずごっつあんで〜す!でも彼女にするほどじゃあないよ』だ。」

みやび瀕死寸前。真実とは残酷…(笑)

女性はそういう関係になった時に真実と向き合うのが怖くて、つい現実逃避したり、自分にとって都合のいい答えを探すんだけど、現実逃避すればするほど、状況は悪化していくと思う。年齢も重ねていくし。

あとこういう関係の時に定型文のように使われるセリフ
「今は仕事が忙しいから付き合えないんだ」
「奥さんといつか別れるつもりだから」
「今は彼女とか欲しくないんだ」

なんて言葉を鵜呑みにするのもアウト!

男性が好きな女性に対する態度はとてもシンプルで、必死で手に入れようとする。デートするし、きちんと連絡する。

モテる男性でも、大事にしたいと思っている女性に対しては、誠実に対応するし仕事が忙しかろうが時間作るし、ほんとに好きなら奥さんと別れてくるはず。

言葉を見ずに行動を見るべき!

そこまでいかない時点で彼からしたら、都合の良い女でしかないんですよね。悲しいけど。

十倉は友達以上恋人未満を敗者復活枠だと例えます。

十倉「友達以上恋人未満なんてゾーンは、敗者復活枠。そういう形で始まってしまった恋愛はスタートダッシュに失敗したようなもの。」

身体の関係というのは、裏口入学みたいなもの。不正にスタートさせた関係の代償として、相手からは「こいつは都合の良い女」認定をされてしまう事に。
そして関係が長く続いたとしても「一緒にいて楽しい都合の良い女」になるだけで、そこから「彼女」への昇格は難しいと思う。

不正入学するからダメなんだよ〜〜〜!笑

そんな関係で悩む人達の相談に対して、世の恋愛本やネット相談の回答は

「そんな関係やめたほうがいいですよ!」
「あなたを安売りしているようなもんです、もっと自分を大事にして下さい」

と反対するようなアドバイスが多数。まぁ、これは正論なんだけど、十倉は

「お前が落ちているそのポジション。今いる友達以上恋人未満今日のメリットについて俺は考えたい」

とそこからの脱却法をアドバイスしてくれます。

『友達以上恋人未満』のポジションから脱却するには

  • 気軽
  • 手軽
  • リラックス

を極めること。

自分は後回しにして相手にとっての楽を優先させる事。彼にとって居心地のいい場所であることを極めること!そして、楽を極めたら『禁断の甘い果実になれ作戦』を実行する。

完全にマイナスからのスタートなので、まず男に甘えさせて、リゾート並の待遇をし、形成逆転を狙う。

相手からの見返り一切期待せずにとことん尽くしまくり「あー、彼の喜ぶ顔みるの楽しいな〜」ナイチンゲールばりの人類愛で接する。

そして、相手からの依存が高まった所で一気に突き放す。「あなたとはもう会わない」と言う。

「甘い果実がぶら下がった状態でおあずけをくらわす。こうすれば、男はついてくる!」って十倉は言ってたけど、まず「見返り一切期待せずにとことん尽くしまくり」の時点で大半の女性がリタイアしそう。笑

まぁ、ドラマの中では十倉の教え通りに実践して、見事結ばれるんだけど、多分現実はそんなに甘くないよねぇ(苦笑)

不毛な恋愛で疲労するよりも、女性を大事にしてくれる人に出会って幸せになるほうがよっぽど近道だし、労力も少なくて済むと思うんだけど、恋愛ってそう上手に気持ちを切り替えられるもんじゃないから悩む女性が多いんだよね…。

なら『友達以上恋人未満』なんて関係は女性にとって苦しいだけってわかってても、周りの友達から「あんなろくでもない男やめときなよ」なんて言われても諦めきれない!って思うなら、全てを失ってもいい覚悟で自分がとことん納得するところまで突き進むのもアリだと思う。

恋愛に正解はないから、自分が選んだ道を進めばいい。

まとめ

欲望を開放せよ
欲望に素直に。好きな相手にはストレートにアタック。周りの目を気にして自分の気持を抑えるな!(ただし、不倫はダメゼッタイ)

楽を極め、禁断の甘い果実になれ!
付き合う前に身体の関係になってしまった場合は、彼に『気軽』『手軽』『リラックス』を提供し、とことん居心地のいい場所になる。そして彼が安心しきったところで突き放す『禁断の甘い果実作戦』を実行すること。マイナスからのスタートなので、長期戦かつ負け戦を覚悟した上で望むこと。

第6話『忘れられない人を取り戻す方法教えます!』

あらすじ

f:id:ok723:20160610121108j:plain
https://www.youtube.com/watch?v=vsG0zLy4Rr0
十倉が自分と同じマンションに住んでいることを知ったみやび。十倉が大企業「グローバルダイナー」の元代表取締役でさらに部屋には離婚届があり、妻の千波が娘を連れ、家を出ていたことを知る。千波が出て行った理由に気づいたみやびは、結婚生活の先輩として優里も呼び、女目線の恋愛指南を始める。千波が出て行った理由、離れてしまった『女心を取り戻す方法』を教えられた十倉は…

感想

私 結婚できないんじゃなくて、しないんです、第6話感想!今までアドバイス貰ってたみやびが今回は十倉にアドバイスする立場になります。

あんだけ偉そうにアドバイスしてた十倉が離婚してたとは(笑)まぁあんなオレオレ男イヤにもなるよねぇ…。

自分の写真ばかり飾る、自伝を並べる俺御殿
ホテルの朝食ばりのヘルシー料理を作る俺飯
冷房暖房はこの温度!リモコンの位置はここ!お前はなるべく家にいろ!と俺コントロール

決断力ある男性は好きだけど、全部支配されたら嫌気がさすだろうな。鳥籠の中の鳥じゃないんだから。

みやびは十倉に離れていった女心を取り戻すテクニック『性転換理論』と『あしながおじさん作戦』を伝授します。

このアドバイスは「なるほど、たしかに当たってるなぁ」と納得。

女性と喧嘩して復縁するには離れること。女性の怒りが静まるまで離れる。そして見守ること。

そして、女性が寂しくなったり弱った時に手を差し伸べる。そのチャンスが来るまで、黙ってじっと待つこと。

あー、それやられたら落ちるわ、たしかに。笑

男性向けテクニックとして紹介されていましたが、これは男女ともに使える技だと思います。好きな男性のリアクションが悪いなーと思ったら、一旦距離を置いてみるのも大事です。距離を置くことで事態が好転することも。

最後、エリが桜井に「好き!結婚したい!」ってストレートな告白。それを見ていたみやびは「好きだから結婚したい。それだけなんだ。凄い。強いね。」とぼそりと呟きます。
このシーンみやびの気持ちが痛いほどわかって目頭が熱くなった。年齢いけばいくほど傷つく事が怖くなって、段々気持ちを素直に出せなくなっちゃうんだろうなぁ。きっと。

このままエリと桜井くっついちゃうのかなぁ〜〜〜?なんかもやもやする展開になってしまった。

あと諒太郎の「みやびさんは一緒にいて疲れないし、雰囲気落ち着いてるし、こっちにガッてくる重さもない。それに俺に振り向かない」がまさに男性心理表してるなーって感じさせるセリフでした。

ラストで諒太郎の部屋に梨花が…えっ!?2人浮気してたの!?って事で7話へ続きます。

まとめ

俺ルールで女性を縛らない
育ってきた環境が違うから、好き嫌いは否めない。相手を自分のルールでギチギチに縛らないこと。

性転換理論で相手の立場に立つ
パートナーの気持ちが知りたかったら、まずは相手の立場になって物事を見てみること。自分目線では気づかなかった事が見えてくる。

あしながおじさん作戦で相手を待つ
相手が冷めている時は、強引に迫ったりせず、相手が再びこちらを向くまで黙って待つ。振り向いた時に優しく手を差し伸べる事。

第7話『理想の男と結婚する方法教えます!』

あらすじ

f:id:ok723:20160617124428p:plain
https://www.youtube.com/watch?v=kMbnK5AuJho
諒太郎から「結婚したいな、いつか」と言われ喜びをかみ締めるみやびに、十倉は「いつかではなく『いま』結婚を目指せ!」と叫ぶ。十倉に煽られ、みやびは諒太郎との結婚を目指す。
一方、桜井はエリのお腹にいるのが自分の子どもではないと知り、決断出来ずにいた。それを見た十倉はその夜、みやびを部屋に呼び出し「今がチャンスだ」「諒太郎と桜井のどちらを選ぶか」と最終決断を迫る。ついに、十倉による『理想の男と結婚する方法』の指南が開始される!

感想

これまでは恋愛テクニック紹介だったけど、今回は理想の男と結婚する方法!独身アラサーが一番知りたい内容だと思います。笑

桜井の恋愛を諦め、諒太郎と真剣に交際し始めたみやび。結婚も視野に入れ始めたものの諒太郎は「面白そう。結婚したいな〜いつか」なんて呑気な考え。まだ若いから仕方ないんだろうけど。

そんな諒太郎の適当な結婚したいという言葉を真に受けるみやびに対し十倉は
「いいか、お前の1日とお前向こうの1日は違う!」
「やつが28日で再生する肌細胞、お前は45日かけて再生。その差は開く一方!」
「お前の立ち位置と向こうの立ち位置も違う。向こうは草原の花畑、お前は崖っぷちの縁も縁!」
と辛口で言い放ちます。やはり真実とは残酷。

結婚する気のない男性の心を掴む『理想の男と結婚する方法』を十倉が伝授してくれます。

f:id:ok723:20160617124436p:plain
https://www.youtube.com/watch?v=kMbnK5AuJho
女性は男性から感動させて欲しいと願っている。男が楽しませて当たり前だと思って期待している。

が、そこを逆手に取って女性自ら男性を喜ばせる。

十倉曰く
「いざ交際が始まったら、男は必ず何かしらプレゼントくれるので、その時のリアクションが重要。そしてそのリアクションの出来次第で彼女喜ばせようと、どんどんプレゼントが重なり、最終的には最も高価なプレゼント…つまり結婚を差し出すことになる。

って、ほんまかいなーー(笑)

確かに男性からプレゼントよく貰ったりする女の子ってリアクションがカワイイんだろうなーって思う。可愛い反応返ってきたらどんどんあげたくなっちゃうんだろうね。笑

で、その時重要なのが安物に感激、高級品におろおろする事だそう。逆しちゃったらダメだよ(笑)

2人でのデート中、みやびがいいなーと言った1万円のオルゴールをプレゼントしてくれる諒太郎。貰った時も「えー、いいの?大丈夫だった?」と相手の懐の心配をしていました。付き合うだけなら可愛かったりオシャレな女の子でいいけど、結婚となると「家庭をちゃんと守ってくれそう」とか、「金銭感覚がしっかりしてる」とかそういう所も重要視されるようになる。デートの時点でそういう女性の金銭感覚を見て男性は「この子は結婚しても無駄遣いせずにやりくりしてくれそう」とか考えるのかな。そりゃ人生を一緒に歩むパートナーなのに、散財する女なんて嫌だよなーーー(笑)

男性は女性の可愛いリアクションを喜ぶんだけど、結局「リアクションとは思いやり」だそうだ。最終的に思いやりのできる女を男は選ぶんだって。
それから、もしも欲しくないものを貰った時に、嘘の感動をするのはアウト。例え欲しい物じゃなかったとしても、その品物が完成する前までのプロセスを想像するし、それに携わってくれた人達に感謝する。感動する力を身につける。ささやかな喜びを共にできる女を男は選ぶ。

付き合う前の振る舞いと結婚する前の振る舞いは違うんだなーと勉強になる回でした。

ラストシーン、まさかの桜井とのキスーーー!やっぱり桜井とくっつくのかな〜〜〜次回が待てない!

まとめ

逆に男を感動させろ
「男性は楽しませて当たり前」ではなく、こちらから楽しませるようなアクションを起こす。

シャッタートークはNG
苦手な事にも興味を持って話を聞いてみる。会話を遮断しない。

思いやりの出来る女が選ばれる
リアクションが可愛い女が選ばれる。
思いやりの出来る女が選ばれる。
ささやかな喜びを共に出来る女が選ばれる。
どんな小さな事にも感謝する気持ち。物が完成するまでのプロセスを想像し、感動力を養うこと。

第8話『好きな人と距離を縮める方法教えます!』

あらすじ

f:id:ok723:20160617124447p:plain
https://www.youtube.com/watch?v=zIy7trtAnUI
桜井から突然キスをされ、戸惑うみやび。だが、桜井のことはもう諦めていたので、諒太郎との仲を修復するにどうしたらいいか悩んでいた。十倉は新たに「AKKKNM理論」そして「理想の男と結婚する方法その2」を伝授する。

感想

不動のエベレストが動いた〜〜〜!!!前回桜井からキスをされたみやび。これまで十倉の教えを忠実に守ったおかげで、桜井の気持ちがみやびに向き始めました。それにしても自分からキスしといて、桜井くん「え?なんかあった?いま?」って…(笑)ごまかし方下手くそか〜〜〜(笑)

戸惑うみやびに十倉はこういいます。

f:id:ok723:20160617124449p:plain
「待ってろ。何もするな。女は基本待ちの姿勢。電話もメールもするな!」

好きな人が出来たら四六時中連絡取ってたいですよね。恋する乙女は。でも、十倉は女から連絡するな、と言う。更に「ごめん忙しくてメール返せなかった〜でも貰って嬉しかった〜」なんてウソの駆け引きもダメだという。

「駆け引きとは嘘だ。嘘はバレる。こいつわざと返信を遅らせているんじゃないか?そう思うと一気に冷める。」
「だからといって、すぐにメールするのも間違っている。「この女、俺に夢中だ」と気付いた男は一気に冷める。」

この矛盾を打破するにはどうすればいいか?方法は1つしかない。」

そこで伝授されたのが『AKKKNM理論』ちょ、ゴロ悪すぎぃ!(笑)

矛盾を打破する方法、それは本当に忙しくすること。

「彼からの連絡がなくて寂しいの」
「いつもメールが返ってこないか気になって…」

そういう女性は彼に連絡とる暇がないくらいに、忙しくする。趣味に没頭する。メールを打つ時間も惜しい位の多くの予定を入れる。メールをくれる知り合いをたくさんつくる。

そうすれば、その男のことを考える時間も少なくなり、結果的に連絡を取るタイミングが自然に遅れていく。
これが
「あれ?これ、結果的に駆け引きになっちゃってます?」名づけて、AKKKNM理論。

好きな人から連絡なくて寂しい思いをしてる人はほんまに忙しくして、彼を考える時間がないくらい忙しくなればいいんだ!それか仮氏作るかだね。笑

桜井と楽しそうに談笑するみやびをみて、「自分より桜井のほうがきっとみやびを幸せにしてくれる」と考えた諒太郎はみやびに

「こうして会うのももう最後。」
「こういうのって釣るまでが楽しい。振り向いてくれたから追う意味なくなった。興味なくなった。ごめんね。」

と告げ、別れを決意する。

事情を知らないみやびからしたら辛いだろうけど、諒太郎の真意がわかるから見ていて辛いシーンだったよ…。
「好きだけど、他にお似合いの人がいるから」と身を引いた諒太郎の男気に涙!!!フェアリー男子なんかじゃなかったやん〜〜〜!

まとめ

女は待ちの姿勢であれ!
男性から連絡がない時の女性は、黙って相手の出方を待つ事。相手から返信がないからといって感情的な行動に出たり「返事してよ!!!」と責め立てないこと。

メールの駆け引き『AKKKNM理論』
待ちの姿勢を極めるためには「あれ?これ、結果的に駆け引きになっちゃってます?」を心がける。駆け引きでメールの頻度を遅らせるのではなく、本当に忙しくして結果的に彼に連絡できない状況を自らつくり上げる。

目指せ、高まっちゃった婚
「誰でも良いから」ではなく「あなただから結婚したくなった」と結婚への意欲が高まったからということをアピールする。

第9話『プロポーズを引き出す方法教えます!』

あらすじ

f:id:ok723:20160617160729p:plain
https://www.youtube.com/watch?v=CaaM2Y0FjPs

落とせないと思っていたエベレスト男子桜井から、ついに告白されたみやび。だがその告白は「結婚前提ではなく、付き合ってほしい」というものだった。その晩、告白の一部始終を見ていた十倉が、みやびの部屋へ押しかける。そして、理想の男と結婚する方法その4「小悪魔からリラックマ理論」のレッスンが開始される。

感想

f:id:ok723:20160617160731p:plain
https://www.youtube.com/watch?v=CaaM2Y0FjPs
今回は「付き合っている彼と結婚したいと考えているのになかなか上手くいかない…」と悩んでいる女性必見の回でした!

ついに!9話でやっと!!!桜井から「付き会おう」と言われ放心状態のみやび。やったー!!!これで最終回だー!!!

と思いきや、衝撃の発言が。

「ただし、結婚を前提じゃなく付き合いたい」

…はぁあああああ!?!?!?
桜井くんさすがエベレストだわ。笑

「結婚前提じゃなくってわざわざ言うとかふざけてる!!!(怒)」って思ったけど、まぁでもエリとあんな事あった後なら、慎重になっても仕方ないのかなとも思ったり。

どうして男性って結婚を嫌がるんだろう…?って思ってたら十倉が教えてくれます。

「男の不安を理解していない。結婚して女と一緒に住む部屋に帰る怖さは絶叫コースター28周分に相当する。」

多くの女性にとっては憧れの結婚。しかし、彼氏が結婚したがらない。長く付き合っているのに結婚しようと言う話題が出ない。「結婚する気がないんだよね」という男性には以下の様な不安があるという。

  • 金に対する不安
  • 束縛に対する不安
  • 儀式に対する不安

つまり結婚に対してメリットではなく、デメリットの部分ばかりが見えている状態。

「一人のほうが自由に使えるお金がある。」
「奥さんの尻に敷かれるのが嫌だ。」
「結婚式が面倒くさい。」

だから結婚したくない…と。

まぁ結婚めんどくせーって感じですよね。でも男性って普段はロマンチックなのに、結婚に関しては夢ないのも不思議だねぇ…(笑)

そこで彼女から結婚まで持ち込むために「小悪魔からリラックマ」テクニックを実践するみやび。

  • 付き合う前は高級志向のいい女感。でも付き合ってからは、可愛いのに実は案外手ごろなバック持ってたりして、意外に金のかからない女を演出する。
  • 付き合う前は「もし他の女に手を出そうもんなら何のためらいもなく頸動脈狙いに行くけどいい?」と脅し、付き合ってからは「飲み会息抜きって大事よね。いってらっしゃい」と男を好きにさせる。

プロポーズに対して十倉はこう語ります。
「多くの婚活本には結婚願望のない男と付き合うのは時間の無駄。次を探しましょうなどとある。しかし俺の考えは違う。まずは考え方を変える。男が申し込むものではなく女が申し込ませるものつまり男側がお客様だ。」

男性がお客様…つまりこちらがもてなす…。営業みたいなもんですね。買って買って!と押し売りしてもダメ。買いたくなるようにこちらが誘導する必要があると。

「いけると思ったら押す。押して引いて、少しずつ男を結婚へと導け」

やり過ぎたと思ったら引く事が大事で、付き合う前にしても付き合ってから結婚へ導くにしても、何事もやりすぎはいけない。小学校の頃、親から「宿題やりなさい!!!」って言われたら余計やる気失くすのと一緒で、人は命令されたり教養されたりすると、余計それを面倒臭く感じるし、やる気を失う。

言葉でコントロールしようとするのではなく、相手が自然にそう思った、と感じさせる事。

「小悪魔たるもの自分を安く見る男を許してはならない。そして怒る時のポイントは結婚できないからではなく、あなたの好きはその程度と言う恋心モードで押せ。すると男は無意識に刷り込まれる。彼女を侮ってはならない。心して付き合え。」と。

デート中は男性をドキドキさせるように心がける。異性からモテるっていうのは、相手を喜ばせるのが上手な人。これが結婚へのウォーミングアップになる。

男性をドキドキさせる、そして執着させる方法は寸止めだと十倉は語る。

「このルックスにもかかわらずモテない時期があって。思い切って女の子をデートに誘い、頃合いを見計らってキスを試みるも、ことごとくかわされてそれも千住観音かよってぐらい守護神ぶりで、ペナルティーエリアに入ることすらできなかった。」

寸止めとはデート中、いい雰囲気になったところで、さっと身を交わしお預けを食らわせると言う技術の事。

「これまで寸止め実践して来たわよ」と自信満々に言うみやびに十倉が男性目線で指摘をする。
みやび「私そんな軽い女じゃないから…」
十倉「じゃあなんでついてきたんだ…」

みやび「すぐにそういう関係なると後悔するから…」
十倉「じゃあ後悔したってことがあったってことだ」

みやび「私、体に自信ないから…」
十倉「萎えるわ!!!」

真の寸止め二ストは相手がどきっとしたところでさっと身を交わすそうだ。

その時忘れてならないのは笑顔。顔を近くで見たら思わぬチャームポイントを発見してしまったという程で男を褒め、寸止めする。

デートを重ね、あと一歩という所で桜井から

「最近思うのはさぁ、この歳まで1人でやってきて、1人のペース作り上げて。多分ちゃんと幸せで。無理してそれ変えたい?俺は変えたくないんだ。それが今の正直なところ。」
「このままのおれが無理だったら、もう追うのやめようと思ってて。」

と言われ諦めかけてしまうみやび。十倉からの「諦めるな」と後押しもあり、諦めそうな気持ちをグッと我慢してダメ押しで自分と結婚したらこんなに良いことがあるよとプレゼンする。

「私と付き合ったら、こんなにいいことがあるよ」
「その1、ベルギーワッフル焼いてあげる。」
「その2、さすがにこの歳だから私たちも仕事があって、お互いに経済的な基盤もあって。だから一緒にいたい時はいる、いたくない時はいない。1人同士のまま2人になれる。」
「その3、これが1番大事。だからもし喧嘩したり頭にくることがあっても私たちに思い出があってきっとすぐに仲直りできる。」

これを伝えたことで、最終的に桜井は「こんな俺でよければ、一緒に始めてくれますか。結婚も考えながら。」と結婚を前向きに考えてくれるようになる。

以前恋愛アドバイザーの人が「今は不況で男性が自分一人でも生活していくのが精一杯で自信をなくし、結婚する意思がなくなっている。だから結婚してほしかったら、女性がたんまりお金溜めて持参金として持っていって、結婚してくれって言えばいいんだよ。」って言ってました。

結婚は男性にとって人生を左右する大きな決断。ただ「結婚して!!!」と詰め寄るのは逆効果だし、押し売りのような感じがする。結婚したかったら、ただ「いつ結婚するの!?」と追い詰めるのではなく、男性が持っている不安をひとつひとつ潰していって、こちらと結婚するメリットを提示してあげるのが、一番近道なんだろうなー。

女性と男性がそれぞれ結婚に対してどう思っているのか、違いが知れた回でした。確かに婚約指輪とか普段使わないのになんでこんな高いの!?とか結婚式面倒くさいな〜って言いたくなる気持ちもわかる。色々話し合わなきゃいけないし、お金もかかるしスケジュール調整とか…色々大変そう。でも、結婚式って親族や友達にお祝いしてもらって2人の仲を公式に認めてもらう為の儀式で。もしも結婚後、喧嘩したとしても「あんな大勢の前で誓いを立てたから、別れるわけにはいかない」って歯止めになるんじゃないかな。大勢の前で宣言することで「そう簡単にはやめられないな」っていう。若くで結婚式をあげずに結婚した夫婦の離婚率が高いっていうのも、これが関係してるんだろうなぁ。

あと十倉と諒太郎が話すシーンで
十倉「しっしっ!」
諒太郎「シ…シチュー!」
ってアドリブっぽい掛け合いに思わずにやにやしてしまった(笑)

次回、いよいよ最終回!!!

まとめ

男性が結婚したがらない理由
金に対する不安、束縛に対する不安、儀式に対する不安と男性は結婚に対して3つの不安を抱えている。これらの不安を理解し、解消する努力をする事。

結婚するには「小悪魔からリラックマ」に進化しろ!
付き合う前は相手をドキドキさせる小悪魔で、付き合った後は相手を癒すリラックマに変身する。高級感のある女性をアピールしてから、意外に金のかからない女性を演出する。

男性をドキドキさせるには、寸止めが効く
いい雰囲気になったところで、さっと身を交わしお預けを食らわせると言う技術の事。決して相手のペースに持ち込まれず、笑顔でさっと交わす。その際「あ、こんな所にホクロある〜」などチャームポイントを褒めて交わす事。

結婚に対してのメリットを提示する
結婚=不安というイメージを持っている相手に対しては
「私と結婚したら、こんないいことがある」
「私は他の人には出来ない、こんな事が出来る」
など結婚することで与えられるメリットについてアピールする。マイナスのイメージを払拭してあげる事で、前向きな姿勢へと変えられる。

最終話『幸せになる方法教えます!』

あらすじ

f:id:ok723:20160621151250p:plain
https://www.youtube.com/watch?v=T9E58b4dHwQ

晴れて桜井と交際をスタートさせたみやびだが、桜井からプロポーズの気配はなかった。諒太郎や梨花もそんなみやびを応援するが、こんな時に頼りにしていた十倉は、依然として行方がわからないままだった。みやびは、十倉に頼らずに幸せになってみせると宣言し、自力でこの恋を成就させようと奮闘する。

感想

感動の最終回!久々にドラマをリアルタイムで最終回までちゃんと見れた〜〜〜!いつもはドラマ見始めても、途中で段々飽きてきてしまって見るの辞めたりしてたんですが、できしなは恋愛ストーリーだけじゃなくて、十倉のテンポの良い毒舌指南が挟まれたりしていたので、飽きることなく見続けられました。

最初は見向きもされなかった桜井とも、最終回では恋人同士。みやびはアラフォーだったけど、どの年代にも参考になるような恋愛アドバイスが詰め込まれていて、見ていて勉強になったな〜。藤木直人の長台詞が毎回見ていて爽快でした!

彼氏と自分の家族を面会させるというエージェント理論。彼氏と自分の2人で結婚について話し合うのではなく、家族を介入させ後押しさせるこの理論。私の身近にエージェント理論で結婚した人がいます。なんとうちの両親!笑 シャイで結婚しようとなかなか言い出せずにいた父に対しモヤモヤしていた母。ある日、父の実家に遊びに行った時に父のお父さんが「お前らいい加減、結婚したらどうや」と言ってくれてようやく父も結婚を決めたそうです(笑)おじいちゃんがその言葉を言わなければ、2人は結婚してなかったかもしれない。間接的に言ってもらうことで自分のイメージを悪くせずに結婚へと導いてもらう。外堀を埋める手堅い方法だと思います。笑

f:id:ok723:20160621151254p:plain
https://www.youtube.com/watch?v=T9E58b4dHwQ
ロスタイム理論とは「ふられた後の方が付き合って欲しいと言う言葉を投げ入れやすい」という逆転の発想で、サッカーのロスタイムに怒涛のシュートを放つがごとく「俺、この1週間でかなり成長したけど付き合わない?」「じゃあもし俺が勝ったら付き合ってもらうことで!」などとあくまで冗談っぽく口説き、そういうキャラになれば永久的に相手を口説くことが出来る。粘り強く男を結婚へと導く、これが最強の婚活理論ロスタイム理論。

「男は本音を冗談でうまくコーティングできる女をすごく可愛いと思うし、更にこんなことを言う女に本当にプロポーズをしたらきっと喜ぶだろうな、と想像し始める」

みやびも鼻歌で結婚の歌を口ずさんだり「じゃあちょっと区役所でも寄ってく?」なんて冗談っぽく言いながらからかってみたり…。通常ならNGワードとされる結婚をあえて会話に放り込み、結婚をギャグにすることで結果的に桜井に結婚を意識させました。
食事に行ったお店で予約のところに名前書いてる時、桜井が急に「…桜井になる?」って聞くんですが、男性ってあんなふとした瞬間に結婚意識するものなのか!女性とは全然違うんだなー。

このまま桜井くんとくっつくんだと思ってたら「想いがあるのに何も言えないのは後悔する。そうわかってるから、だから行ってこいよ、十倉さんのところ」と桜井から言われて、十倉に会いに行くみやびにびっくり。まさかの展開で、結局結婚しないっていう…。

最後みやびの笑顔で終わったけど、これはハッピーエンドなのかな???笑

これからも恋も仕事も楽しんで生きていきます〜!っていう終わり方なのかな…。っていうか、桜井くんまた結婚に対してトラウマになってそうな気が…(笑)
昔のトレンディドラマなら、必ずくっついて結婚…って展開になってたんだろうな。けど、できしながそうならなかったのは、昔は女性=結婚して幸せになるっていう方程式があったけど、今はそれ以外でも女性が幸せになる生き方がある。女性は強く生きろ!っていうメッセージを伝えたかったのかな〜なんて思いました。

まとめ

ダメ押しのエージェント理論
家族を味方につけて、結婚へのダメ押しを決める。

結婚をギャグにする!?ロスタイム理論
ロスタイム理論で、言い難いことをコーティングして相手にプラスのイメージで伝える。本来はNGとされる結婚というメッセージをギャグ混じりに伝えることで相手は結婚に対して重々しいイメージを持たなくなり「結婚してもいいかなー」と思い始めるようになる。

できしな全話 まとめ

以上、『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』全話感想でした!

飽き性なので、なかなか続けてドラマ観れたことないんですが、このできしなだけは毎週楽しみに続けて見れたし、なんなら録画してるのにリアルタイムで見て、また録画したものを見直すぐらいにまでハマっちゃったよ。

恋愛ドラマなんだけど、今までのド定番恋愛ドラマとは一味違ったテイストの内容で楽しんで見れたのが良かったなぁ〜。

またセカンドシーズンみたいな形で復活しないかなぁ…と思ったり。もしくはLOVE理論をドラマ化…とかも期待したい!

独身アラサー女性のみんな!ドラマのテクニック使って、幸せつかもうね〜〜〜!