読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

轟け!サブカル女子

上京を夢見るサブカル女

自己啓発本は『栄養ドリンク』用法・用量を守って正しくお使いください

ひとりごと
スポンサーリンク

f:id:ok723:20160729014223p:plain
本屋に行くとついつい自己啓発本を手にとってしまうたっつんです。

子供の頃は読書の習慣が全くなくて、大人になってからようやく少しずつ読む習慣がついてきました。本を読むきっかけをくれたのは自己啓発本。これまで数々の自己啓発本を読んできたけど、ある真実に気づいてしまった。

自己啓発本は栄養ドリンクであると!!!

つい手に取りたくなるキャッチーなタイトル

少し前まで『魔法の呪文が載った本』かのように自己啓発本を読みまくってました。もー、とにかく手に取りたくなるようなタイトルの本が多い!

『心が弱った時に〜』とか
『人生を変える7個の習慣〜』だとか
『嫌われる勇気〜』とか
『一生お金に困らない生き方〜』とかさ

「えっ、そんな方法あるの?」
「この本読めば、私も変われるかも…!」ってついつい思っちゃう(笑)

悩んでいる人や弱っている人に刺さりやすいキャッチーなタイトル。藁にもすがる思いで「この本に自分の悩みを解決する答えが載っているんじゃないか」とか「これを読めば駄目な自分も変われるんじゃないか」とか期待しちゃう。

100冊以上読んできたけど、読むだけで変わるなんて魔法みたいなことは起きなかった。

自己啓発本に頼る事の危険性

当たり前だけど読むだけでは絶対に変われない。なのに、変わった気になるのが自己啓発本の怖いところだと思う。何もしていないのに知識を得ただけで「成功できる気がしてきた」とか「幸せになった」とかね。

「読むことで劇的に人生を変えられるかもしれない」
「自分を変える方法が見つかるかもしれない」
「これを読めば幸せになれるかもしれない」
「これを読めば仕事が出来るようになるかもしれない」
「これを読めばお金持ちになれるかもしれない」

って期待して、とにかく読みまくった。

だけど

自分を劇的に変えてくれる自己啓発本なんてどこにもなかった。考え方の方向性を教えてくれる本はあるけど、その考え方が読むだけで自分の中にすぐに浸透する訳じゃない。タイトルだけそれっぽいこと書いて、中身はペラッペラな本も沢山あった。

そりゃ読んだ後の一瞬は「変わろう!」と思って意識も高く行動したりしていたけど、その意識も長くは持続しない。100冊以上読んだ今も劇的に変わったとは思えない。本を読むだけで習慣や考え方が1日でガラッと変わるなら、こんなに自己啓発本が大量に出版されることはないし、駄目な人も減っていくはずだもん(笑)

今も数多くの自己啓発本が出版されて、なくなっていないということは、やっぱりそれらを読むだけでは変われなかった人が沢山いるってこと。

自己啓発本は栄養ドリンクだ

なぜ人は自己啓発本を読みたくなるんだろう。

多分、読むと元気・やる気が出るから。

元気・やる気が出てくるって…
栄養ドリンクと同じやん!!!

自己啓発本で自分が知らなかった知識や考え方、心休ませる言葉に出会って、落ち込んでいた気持ちが元気になったり、仕事でうまく行ってない時に読むと「もう一度頑張ってみよう!」と再び元気を貰える。ネガティブな気持ちが再び前向きになって頑張れたり、自分の弱点を直してみようと努力したりする。

栄養ドリンクを飲むと集中力があがって普段より数倍頑張れたり、疲れていても元気が出てきて仕事や活動が精力的に出来る様になる。自己啓発本も同じで、一瞬の効力がある。読んだ瞬間だけ頭が賢くなった気になるし、それを読んで一時的に色々な行動が精力的に行えるようになったりする。

自己啓発本で人生や自分をガラッと変えることは出来ないけど、一時的な奮起を出すためには自己啓発本はとても役立つもの。

正しい使い方をすれば人生も自分も変えられる

自己啓発本では、人生をすぐに変えることは出来ない。でも、その本に書かれている有益な事を毎日毎日コツコツと続けていれば、必ず人生に劇的な変化を起こす事が出来る。行動だけが自分を変える唯一の方法だから。栄養ドリンクを飲んで毎日仕事をコツコツと頑張るのと同じように、自己啓発本で得た知識を毎日毎日忘れないように実践していけば、新しい未来を切り開くことが出来る様になるかもしれない。

新たに取り入れた習慣は最低でも1ヶ月は続ける事。
あれこれしようと手を出すとどれも続かない結果になってしまうので「まずはひとつこれを変える!」と決めてそのひとつをコツコツ続けていく。そしてその習慣がちゃんと自分のものになったら、また新しい習慣を取り入れる…というようにしていくと新しい自分に変わっていけると思います。

あと、栄養ドリンク飲み過ぎると危ないのと同じで、自己啓発本ばかり読んでいると「(実際は出来ないのに)俺は出来る人!」「(問題山積みなのに)私は幸せ!!!」ってポジティブ病にかかったりするので、なかなか危ないと思う(笑)あくまで行動を促す、やる気を出させるためのものと思って読むといいと思います。

行動・実践あるのみ!

知識を頭に入れた上で、自分の頭で考え、そして行動を起こす。これが自分の人生をよりよく変える秘訣。私と同じく自己啓発本好きな人、ぜひ正しい読み方と使い方で人生をよりよいものにしてください。

まとめ

  • 読むだけでは何も変わらない
  • 自分の頭で考えることが大事
  • 行動だけが人生を変える

自己啓発本を読むだけなら何も身についていないけど、きちんと読んで書いてある内容を日々の日常に落とし込める人にとっては、自己啓発本が魔法の書にもなり得る。読むだけで満足してしまっていた人は、その本に書かれている内容をひとつ実践してみる事。そして、その方法を自分の習慣として身に付けること。
いつもの自分の行動と違ったことを習慣にして続けていれば、必ず違う自分に出会える日が来ると思います。
家にたくさん自己啓発本あるのに「全く変われてないわ!」って人は一度行動を見なおしてみて下さい。