読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

轟け!サブカル女子

上京を夢見るサブカル女

【ネタバレ】貴志祐介『天使の囀り』映画化して欲しくない小説ナンバーワンだと思う(あらすじ、感想)

書評
スポンサーリンク
《たっつんのイチオシ記事!》

f:id:ok723:20150727210751j:plain 

読書好きの友達におすすめされた本、貴志祐介『天使の囀り』読み終えました。 

あのさぁ、友よ…

なんてもんすすめてくれたんだよ!!


読書でこんなに気分悪くなったの、楳図かずおの影亡者以来だ。読んだ後の後味悪さ、サイコウ!!!


では、あらすじとネタバレと感想書いていきまーす。
かなりグロテスクな内容になっているので、閲覧注意でお願いしますね。 

『天使の囀り』あらすじ

終末期医療現場で精神科医として勤めている主人公の北島早苗。 


早苗の恋人、高梨は死恐怖症(タナトフォビア)を患っていたが、新聞社が主催したアマゾン調査隊に参加してから、様子がおかしい。
人が変わってしまったかのような高梨の様子に戸惑う早苗。早苗の心配は的中し、ある日突然、高梨は自殺してしまう。

まるで、死に魅せられたかのように…。

高梨がとり憑かれたようにつぶやいていた言葉


「天使の囀りが聞こえる…」

”天使の囀り”の正体とは一体なんなのか…。

それでは、以下からネタバレしていきます!

『天使の囀り』ネタバレ

高梨の生前の変貌ぶりと不審な自殺を怪しんだ早苗は、アマゾン調査隊で同行したメンバーについて調べることに。すると、同行メンバーも高梨同様、不審な死を遂げていた事が判明する。

子供を失う事を恐れていた人は、娘を道連れに自殺。
ネコ科猛獣を怖がっていた教授は、サファリパークで身を投げ出し、虎に襲われて死亡…。

いずれの事件も、本人が一番恐れていた方法で自殺していた。 


自殺したメンバーを司法解剖すると、脳から寄生虫が発見され「もしかして、これが自殺の原因なの…?」と疑い始める早苗。

更に事件を追っていくと、アマゾン調査中に食料が不足し、そばに寄ってきた『ウカアリ』という猿を食べたという情報が。ウカアリが寄生虫に感染していたせいで、メンバー全員が寄生虫に感染してしまったのだった。

高梨がうなされるように言っていた”天使の羽音”の正体とは…

寄生虫が脳の中を這いずる際に、奏でる音だった。

ウカアリは本来人間を警戒する動物なのに、なぜ調査隊のそばに寄ってきたのか。
寄生虫に感染したメンバーが、次々と不審な自殺をとげたのはなぜなのか。

それは、線虫に寄生された動物は「恐怖」を「快感」に書き変えられてしまい、防衛本能としての恐怖心を失ってしまうからだったのだ。

『天使の囀り』感想

私ね、マルタイラーメンっていう細長ーいひょろひょろっとしたラーメンが大好きなんだけど、『天使の囀り』読み終わった後、しばらく食べられなくなったよねー。寄生虫思い出して(絶句)

天使の声の正体は、ウカアリという猿から感染した寄生虫の『線虫』でした。
線虫は寄生すると、脳を目指し始めます。その虫が這いずる音が、まるで”天使の羽音”のように聞こえていた、というわけ。(うげぇ)

やがて、線虫は脳に達すると、A10神経に刺激を与え「恐怖」を「快楽」へと変え、寄生した動物をコントロールし始めます。

更に「恐怖や苦しみから解放される世界にいけるぞ!」と勘違いした人たちによって、さらに線虫感染が広げられてしまう展開に。(サイアクだ…)

オカルト的な展開になるのかと思ってたら、寄生虫に操られるというストーリー。洗脳とかオカルト話よりも、こっちのほうが怖いぃいいい。

寄生した生物を操る寄生虫って、実際いるし…(笑)
(グロいので載せないけど、気になる方は『ロイコクロリディウム』で検索っ!笑)

高梨が死んでからは場面が移り、信一という男の子視点で物語が進みます。
信一の恐怖の対象は蜘蛛…。

ねぇ、嫌な予感しかしないんだけど~~~!?


虫嫌いの私が、なんでこんな本読んでるんだ…。
すすめた友達、ほんと許すまじ…。 笑

信一は自身の心の弱さを克服するため、ネットで見つけた自己啓発セミナーに参加します。
調査隊で寄生されたメンバーのうち2人は、死んでしまうほどの恐怖対象がなかったために、助かっていたんだけど、そのせいで「この虫に寄生されれば、何も怖くない素晴らしい世界が開ける」と思い込み、よかれと思い、猿の肉を自己啓発セミナーに集まった人達に食べさせてしまう。もちろん信一も…

その後の展開は、ご想像の通り…(白目)

肉を食べてからというもの、セミナーの人が言うようにこれまで嫌いだった蜘蛛への恐怖心はさっぱり消え去って、信一は「自分が変わった」かのように錯覚し始めます。

前まで嫌いだった蜘蛛を、異常に愛し始めるシーンは絶望的でした。
読んでいるだけで体がゾワゾワするような感触が伝わってきて、まるで虫が体を這いずっているかのような感覚が…。あー、文章であんな吐き気催す表現できるって貴志さん天才ですね…(笑)


後半の寄生虫に感染された人間たちの描写シーンも絶句。
「映像じゃなくて、本当によかった…」と思いながら読み進めてたんだけど

一番印象に残ったのは、ラストシーン。


早苗が働くホスピスで、いつも会話をしている仲の良い男の子がいました。
「僕、死ぬのが怖いんだ」と嘆く男の子に対して、何もしてあげられない不甲斐なさを感じる早苗。

死に苦しむ男の子をみて、早苗は「苦しまずに逝かせてあげたい」と思い、隠し持っていた虫を、男の子に寄生させてしまいます…。(やめてぇえええ)

結果、男の子は死を恐れることなく
「鳥が天井を飛び回っている声が聴こえる!!!」
と、安堵したような表情のまま死を迎える…。

というハッピーエンドかバッドエンドかわからない、ラストなんだよねー。

 

読み終わった瞬間は、早苗の行動に全く共感できずに
「えええ!?結局、男の子に寄生させて殺しちゃったの…!?」
と、裏切られた気持ちでした。

だからバットエンドだと思ってたんだけど、数日経ってから気持ちが変わってきて。

「でも、視点を変えれば、終末医療で患者が苦しまずに逝くことが出来る方法なんだよなあ…。男の子が絶望せずに苦しまずに逝けたのなら、あの行動は良かったのかもしれない…。」

自分がもし、そういう状況になったら、

楽な死(寄生)か苦しむ生

どちらを選ぶんだろう…。
でもやっぱ脳を虫がはいずるって、絶対イヤだなぁ…。笑

まとめ

寄生虫の気持ち悪いストーリーから、最後には終末医療について考えされられるそんな一冊でした(笑)
あー、もう二度と読みたくないっ!!!笑