読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

轟け!サブカル女子

上京を夢見るサブカル女

人気の動物園『旭山動物園』人間も動物も楽しめる工夫が凝らされた動物園でした!

旅行記
スポンサーリンク

f:id:ok723:20160819185701j:plain

北海道にある日本最北の動物園『旭山動物園』に行ってきました〜!!!
トリップアドバイザーの「世界の人気観光スポット 動物園編」で上位に入るほど人気の旭山動物園。至る所にアイデアと工夫が散りばめられた子供はもちろん大人も楽しめる動物園でした!

入り口は正門、東門、西門と3箇所

f:id:ok723:20160819185011j:plain
正門入り口

f:id:ok723:20160819185018j:plain
ナビにしたがって来たら、なぜか西門に到着。あれ?門もちょっとしょぼい…。
私達は西門に停めちゃったんだけど、西門付近の駐車場は民間の有料駐車場で正門と東門に動物園の駐車場がありました。そこだと無料です(笑)
でも、西門から入ってよかったポイントもあって、実は一番園内に近くてスムーズに回れるいい場所。正門、東門からだと動物エリアまで少し歩くことになります。

動物の特性を生かした展示方法

入るとアザラシ館、ペンギン館、シロクマ館エリアが。
f:id:ok723:20160819185031j:plain
涼しげにスイスイ泳ぐアザラシ。気持ちよさそうだ〜

f:id:ok723:20160823170529j:plain
凄いスピードで筒の中を泳ぐアザラシ。
旭山動物園では、動物園従来の展示法を取っ払って「行動展示」という新しい展示方法を取り入れた革新的な動物園でした。
行動展示というのは、動物の特性を生かした展示の仕方。施設が動物本来の自然の姿を引き出すような作りになっています。
例えば、アザラシなら上下に行ったり来たりする動きを見せるという特性があるので、円柱の水槽を設置し、自由に行き来する姿を見られるような展示方法にしました。

f:id:ok723:20160819185041j:plain
アンニュイな表情のシロクマ。

f:id:ok723:20160819185048j:plain
外にいたシロクマは活動的で氷の中に入ったフルーツを取ろうと必死で氷を割ろうと四苦八苦。
他の動物エリアにもこのフルーツ入り氷が置かれてて、動物それぞれ頭を使って中のフルーツを食べようとする様子を観察できるのがとても面白い。オランウータンなんかは、拾ってきた枝を使ってほじくって食べようとしたり、チンパンジーはひたすら氷を削って取り出そうとしたり。目の前の動物はどうやってフルーツを手に入れるのか気になって、思わずジーっと見守ってしまう。

ちなみにこの写真のシロクマの後ろにあるカプセル部分から、シロクマを観察出来るようになってて、近距離大迫力で動物を見ることが出来るようになってました。せっかく並んで覗いたのに何も見えなかったーって人もいたけど、氷が割れる瞬間をカプセルから間近で見れた運の良い子供も。普段間近で見ることの出来ない動物を見て、子供たち大興奮でした。

猛獣エリア
f:id:ok723:20160819185110j:plain
トラエリアも近距離で覗ける窓があって、運良くトラを間近で観察。お腹すいてたのか、ドアの前をウロウロ。

f:id:ok723:20160819185111j:plain

f:id:ok723:20160819185140j:plain

f:id:ok723:20160819185152j:plain
f:id:ok723:20160819185150j:plain
レッサーパンダ。立つ姿が可愛かった…。

f:id:ok723:20160819185241j:plain
最近人気急上昇中のフクロウ。賢そうな佇まいとにこやかな表情のギャップにグッと来た。

f:id:ok723:20160819185242j:plain
f:id:ok723:20160819185303j:plain
園内にあるエリアの案内板やピクトグラムも手作り感満載で可愛い〜
近辺の小学校の子供が書いた動物の説明がそのまま動物の紹介として使われていたり、他の動物園ではなかなか見られない工夫もありました。

そして動物をただ見せるだけじゃなく、
f:id:ok723:20160819185353j:plain
日陰で休むエゾシカ。
f:id:ok723:20160819185350j:plain
かえる。

鳥エリア。
f:id:ok723:20160819185354j:plain
f:id:ok723:20160819185400j:plain

f:id:ok723:20160819185409j:plain
興味津々で10分くらいぼーっと眺めていたのが、チンパンジーのエリアでした。
みて、この遊具!!!

f:id:ok723:20160819185423j:plain
チンパンジー達もイキイキしていて、はしゃぎまくり(笑) 

f:id:ok723:20160819185427j:plain
ニホンザル達も動きまわってとても活動的でした。
f:id:ok723:20160819185440j:plain
哀愁漂う後ろ姿。

そして、一番大興奮したのがクジャクエリア!
f:id:ok723:20160819185702j:plain
なんとラッキーな事に求愛行動を間近で見れました!クジャクが羽開いてる瞬間見るの人生で初めて!!!
f:id:ok723:20160819185957j:plain
この羽根を揺らしてバサバサ鳴らし、メスのクジャクに迫ってアピール。見てる人みんなで「頑張れ!いけ!」と応援してたんですが、結局振られてました…良く頑張った!どんまい!(笑)
それにしてもどうしてこんな不思議な進化を遂げたんだろうなー。美しいと言われているクジャクだけど、マジマジと見ると結構気持ち悪い造形してるもん。笑

f:id:ok723:20160819185451j:plain

ふれあいエリア。
f:id:ok723:20160819185519j:plain

f:id:ok723:20160819185510j:plain
f:id:ok723:20160819185542j:plain
アヒルを見て「あー!アフラックだー!」と叫ぶ子供可愛かった…(笑)

f:id:ok723:20160819185706j:plain
お疲れ気味のキリン。ってかキリンが座ってるところなんて初めて見た…。笑

f:id:ok723:20160819185704j:plain

長年人気を誇る動物園だけあって、大人も夢中になれる見どころ満載の動物園でした。ただ展示するだけじゃなくて、動物たちに出来るだけストレスなく過ごせるような配慮がされていること、だから動物達が元気に動き回る姿が見られて来園者も数倍楽しめるという従来の考え方を取っ払ったアイデア勝ちの動物園でした。遠いにも関わらず年間通して来園者が多いのも納得でした。

子供ができたら連れて行きたい動物園ナンバーワンだな〜

旭川動物園情報


住所:〒078-8205 旭川市東旭川町倉沼
電話:0166-36-1104
アクセス:札幌市から車で約2時間
営業時間:午前9時30分~午後5時15分(時期によって時間が変動するので詳しくは公式サイトを確認下さい)
料金:大人(高校生以上)820円、子供(中学生以下)無料
駐車場:正門、東門に無料駐車場有

今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2016夏」