読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

轟け!サブカル女子

上京を夢見るサブカル女

スイス開催のサイバーオリンピック「サイバスロン」がSFの世界すぎて興奮する

サブカル
スポンサーリンク

f:id:ok723:20160907213612j:plain
http://www.stofficetokyo.ch/st-office-tokyo-presents-cybathlon-jp/

SF大好きたっつん(@Tatsu_2015)です!
9月7日からリオパラリンピックがスタートしましたが、私が注目しているのは来月スイスで開催されるサイバー義体者達が参加者のオリンピック『サイバスロン』です!!!

サイバー義体者というかっこいい字面だけで心踊るんだけど、競技内容がSFの世界で更に興奮!

サイバスロンって?

www.youtube.com

サイバスロン公式サイト
※海外サイトです

パワードスーツやロボットアームを装着した人や、ブレイン・コンピューター・インタフェースを操縦する人たちによるオリンピック「Cybathlon」が、2016年にスイスで開催されることになった。
サイバー義体者のオリンピック「サイバスロン」開催へ|WIRED.jp

サイバスロンは頚椎損傷や体に損傷のある人達が最新テクノロジーを駆使して作られたロボットを装着してタイムを競い合う大会です。
競技はパワード義手、パワード義足、パワード車椅子など全6種目。日本も参加していて、3チームが4種目に出場します。

ロボットを装着して戦うなんて…まるで攻殻機動隊の世界じゃないか…!!!想像しただけでワクワクが止まらない。

ちなみにこの大会の参加者は『選手』ではなく『パイロット』と呼ばれるんだって。

か、かっこいい…

どんな競技があるの?

サイバスロンで行われる競技は次の通り。

BCIレース

www.youtube.com

BCI(ブレイン・コンピュータ・インターフェース)レースは、脳波を読み取って行うレースゲーム。全身麻痺の人の脳波を信号化し、その信号化された命令によってコンピューター内のキャラクターを動かし競い合います。
パイロットが操作するアバターは、障害物を飛び越えたり加速するように適切なタイミングで適切な信号を送信する必要があり、間違った信号を送ると減速したり障害物への衝突につながります。

FESバイクレース

www.youtube.com
脊椎損傷したパイロットの脚に電気を流し刺激を起こすことで脚が動くようになり、バイクを漕ぎタイムを競います。

パワードアームレース

www.youtube.com
手や腕を失ったパイロットにロボットアームを取り付け、物を運んだり落ちたものをつまんだり洗濯バサミを止めるなどの障害物競走を行いタイムを競います。ユーザーが日常的に使用できるかが重要で、機械では実現しにくかった細かな作業をいかに素早く行えるかが鍵になるレースです。

パワードレッグレース

www.youtube.com
義足を付けて、座ったり歩いたりの動作を素早く行えるかタイムを競うレース。従来の義足は、装着時の不快感や日常の使用に適していない性能の物が多数ありました。革新的な技術で作られた義足は、まるで本物の脚のようにスムーズでつまずくことなく、でこぼこの地面の上でもスイスイ歩くことを実現させました。障害物コースをスムーズにクリアするには義足の高い技術とパイロットの熟練技が必要になってきます。

パワードスーツレース

www.youtube.com
脊髄損傷者が全身にロボットを装着して、障害物コースをクリアするまでのタイムを競います。

電動車椅子レース

www.youtube.com
従来の車椅子とは違ったハイテクな車椅子でデコボコ道など障害物を乗り越えてタイムを競います。

どのレースも近未来感溢れててワクワクするんですが、特に気になるのはBCIレースとパワードアームレース!人間に機械の手っていうビジュアルがね…もうかっこよすぎるよ〜〜〜

見たいのは感動ポルノではなく最新テクノロジーが作り出す希望

日テレの『24時間テレビ』の裏番組で放送されたNHK Eテレの『バリバラ』の中で「感動ポルノ」という言葉が出て一時期話題になったけど、私はあの感動の押し売り感がどうも苦手で。電動車椅子ユーザーの友達に「24時間テレビって…どうよ?」って聞いてみたら「…お節介番組だよねw」って言ってました。

私が見たいものは作られた感動ではなくて、最新テクノロジーが作り出す未来で、機械やロボットの補助によって障害を持つ人達が不便なく暮らせる世界。

24時間テレビはどうしても同情的な目線で見てしまう自分がいて「これこそ差別だよな〜」と見る度自己嫌悪してしまってたけど、サイバスロンのトレイラーは見ていてとてもワクワクする。まだ見ぬ未来を想像させてくれる彼らの姿に興奮せずにはいられない。

今より技術がもっともっと進歩して、かっこいいだけじゃなく実用性も兼ね備えた製品が世の中に広く普及して、障害を持った人達が何不自由なく生活できる世界になったらいいな。未来に期待したい。

まとめ

VR(バーチャルリアリティー)などSF映画の中で非現実として描かれてきたものがどんどん現実化してきていて、これからもっともっとSFの世界に近づいていくんだと思うと楽しみで仕方がない。

ということで、来月開催されるサイバスロン。第一回大会ということで、今から期待大です!!!

頼む〜〜〜各局〜〜〜地上波で放送して〜〜〜!!!