読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

轟け!サブカル女子

上京を夢見るサブカル女

【ネタバレ】不倫SF漫画『あげくの果てのカノン』感想!ストーカー女子の暴力的純愛に共感が止まらない(試し読みアリ)

漫画 恋愛 サブカル
スポンサーリンク

f:id:ok723:20160910173959j:plain
11/14更新

この人を好きでいたら不幸になる。わかっているのに、どうしようもなくずっと好き…。

今一番気になってる漫画あげくの果てのカノン読みました!

この漫画が面白い理由は『不倫✕SF』という異色ジャンルなところ。不倫を題材にした漫画は今までたくさんあったけど、そこにSF混ぜちゃう〜〜〜!?

不倫経験はなくとも、狂おしいほど誰かを好きになった事がある人なら主人公に共感してしまうはず。

SF部分の世界観は『最終兵器彼女』の逆バーションって感じかなぁ。好きな人が国を守るために戦い、傷付き変わっていく様子を主人公は見守ることしか出来ないというもどかしさと上手くいかない恋愛のもどかしさ二乗でドキドキモヤモヤハラハラが止まらない〜!

それでは、早速『あげくの果てのカノン』感想、ネタバレなど紹介していきますー!

あらすじ

www.youtube.com

この世界の終末に、最初で最後の恋をした。
気鋭女性漫画家が描く無軌道SFラブ・ストーリー、開幕!!

地上のパティスリーで働く高月かのんは、高校時代の片思い相手・境先輩と偶然? 再会。相変わらず優しくてかっこいい先輩から、誕生日を祝ってほしいといわれるも、嬉しさとともに戸惑いを覚える。だって先輩は、わたしだけのものじゃないから――。
http://spi-net.jp/monthly/comic037.html

主人公かのんは、高校生時代の片思い相手の堺先輩と偶然再会し、先輩の思わせぶりな行動に心を揺さぶられる。でも、先輩は既婚者という辛い現実。
更に先輩は国を守るためにエイリアンと戦うエリートで、戦いの度に傷を負っては修復するんだけど、修復される度に食の好みが変わったり、見た目がどんどん変わっていってしまう。そんな変わっていく先輩にかのんは戸惑いつつも、先輩への気持ちは暴走して止められなかった。

私の知っていた先輩も世界もどんどん変わっていく…。

感想・ネタバレ

今まで見たこと無い「不倫✕SF」と異色なジャンルの組み合わせなんですが、とにかくかのんの心理描写が痛いほどわかりすぎて心揺さぶられる。憧れの人への病気なほどの盲目さ。実際に不倫してる人からしたらかのんの気持ちがわかりすぎてきっと悶絶モノ。報われない恋とか彼女持ちの人を好きになってしまった人でもかのんの気持ちが痛いほどわかると思います。

私は不倫経験ないけど、かのんが先輩を一途に想う描写は憧れの人に恋している昔の自分そのまんまで、好きがキャパオーバーして起こした暴挙や奇行など黒歴史がフラッシュバックしてきたよね〜〜〜抹消したい記憶〜〜〜〜〜!

昔の自分を見せられているような感覚で苦笑いが止まらないです。笑

かのんの病的な純粋さに共感が止まらない

「彼には奥さんが」とわかりつつも心惹かれていく自分を止められないかのん。

f:id:ok723:20160910150838p:plain
見よ、このかのんのメンヘラっぷりを表したゾッとする一コマ。

先輩に対しての想いが暴走する描写、なんとも生々しい(笑)
恋は一過性の精神疾患なんて言うけど、はたから見たかのんは完全に病気。

f:id:ok723:20160910154507p:plain
一途さはストーカーの始まりです

作品紹介では「ストーカー気質のメンヘラ女子」なんて書かれてるけど、メンヘラじゃなくても、盲目になるほど一途な恋愛したことがある女子なら必ずかのんに共感してしまうと思う。

かのんが先輩を狂おしいほど一途に想う姿が可愛い!でも気持ち悪い!でもわかる!!!でも怖い!!!

流石に使った箸袋収集してるのはドン引きだけど。笑

私もこんな盲目的な恋をしたことがありました。ある時出会った人に一目惚れ。こんな理想的な人はいない、きっと運命の人だ!なんて浮かれてたんだけど、その人には忘れられない人がいる事を知る。
あー、私の入る隙間ないなー…ってわかりつつも、好きがやめられないとまらない。自分が勝手に好きだから見返りなくてもいいやって想い続ける日々。
たくさんいる友達のうちの1人だって見られてることも、私のことなんて興味ないのも知ってる。なのに、どうして私に優しくしてくれるの?「月が綺麗だね」なんて電話してくるの?私の事好きなの?どうして隣の席に座ってくるの?みんなにバレないように手を繋いだりしてくるの?なんでそんな殺人的な笑顔で笑いかけてくるの?なんでなんでなんで???

戸川純風に言うと「もはや暴力的ともいえるほどの純愛」ってやつ。好き好き大好き!相手がどう思っていようと私はとにかく好き!!!相互ではなく、一方的な自己満足の想い。

大人になった今なら彼の行動の理由がムカつくほどわかるし、ただ単に自分のファンが欲しかったんだろうなサイテーなやつだなって笑えるんですが(笑)当時の無垢でピュアな私は、どれもこれも勝手に関連付けては
「話しかけてきてくれた。彼は私の事好きなのかも…」
「電話してきてくれるってことは私の事好きなの…?」
「こっちみて笑ってくれた…絶対私の事好きだ…」
と一喜一憂してました。私一人の思い込みで完結していく恋。ここまで来るともはや病気…。

ある日、叶わぬ恋の虚しさを知って、彼の現実を見て興醒めして、この恋は終息するんだけど。相手のいいところだけを見て、自分の中で描いた理想の相手に恋しているっていうか。だから自分の描いた理想像と違う相手の姿を現実世界で見た途端、ハッと冷めちゃうんだよね(苦笑)

かのんの姿は無垢で好きという気持ちに正直で弱くもろかった昔の自分を思い出させる。

思わせぶりな堺先輩にイラつきながらも心揺さぶられる

f:id:ok723:20160910163515p:plain
この無邪気な笑顔。こういうのが一番たち悪いっす。

地下の人間として、地上の人を守るため地球外生命体と戦う堺先輩。戦って腕を失っても修復する事ができるという、ピッコロみたいな能力の持ち主なんですが

この堺先輩が、も〜憎たらしいほどの思わせぶりマンなのね。

奥さんがいるのに「誕生日祝ってよ」と言って来たり「カワイイね」って褒めたり「うちにおいでよ」って誘ってきたり。先輩が既婚者でなければーーー!!!

この手の人を見ると「どうして奥さんを大事に出来ないんだ、てめぇは!」とイラつきながらも少し心惹かれる自分もいて、悔しいったらありゃしない…。
タラレバの小雪も丸井に落ちてたし、この手のタイプに真面目女子弱すぎだろう…。

f:id:ok723:20160910160528p:plain
かのんが先輩への感情を抑えようとした時のこの一言。何もかもを見透かしたような目が…たまらん

本気で向き合う気はないのに、こちらの気持ちを揺さぶるようなことばかりしてきたり言ってくる人っているよねー。若いころはこういうタイプにコロッと落とされてしまいがち。今なら迷いなく「一度、死ねばいいのにっ☆」って言いのけられるんだけど。

恋愛ストーリーかと思いきや、唐突なSF展開!

f:id:ok723:20160910172622p:plain
先輩への不毛な恋心を募らせるかのんなんだけど、ゼリー状のエイリアンと戦った際に腕を負傷しまう先輩をテレビで見て、戸惑うかのん。

負った傷を修復する度にどんどん変わっていく先輩。

f:id:ok723:20160910171932p:plain
嫌いなはずの肉を美味しそうに食べる先輩に戸惑うかのん

自分の知っていた先輩でなくなってしまう不安。悲しさ。どうしようもないやり切れなさ。徐々に崩壊していく二人の世界。
好きな人が自分を忘れていってしまう映画『私の頭の中の消しゴム』を見た時のあの言葉に出来ない切なさに似ている気がする。
いつか先輩が全くの別人になってしまっても、かのんは先輩を好きでいられるんだろうか?

まとめ

好きな人がどんどん変わっていってしまうという虚しさ、かのんの報われない恋の行方、そしてエイリアンが襲来するこの世界の行末…。色んな感情がごちゃまぜになるこのあげくの果てのカノン。

恋愛ベースのストーリーだけど、段々と不穏な空気のSF展開になっていくので男性が読んでもきっと楽しめる漫画だと思います。

1巻のラスト衝撃的な終わり方をするので、続きが楽しみで仕方がない〜!!!

▼こちらの記事もよく読まれてます