読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

轟け!サブカル女子

上京を夢見るサブカル女

ニート男のくも膜下出血、壮絶な体験を描いた漫画『くも漫。』(ネタバレ、試し読みあり)

漫画 サブカル
スポンサーリンク

f:id:ok723:20161103115858j:plain
http://www.to-ti.in/product/?id=4

Twitterで「くも漫。が映画化!」というツイートを見かけて気になったので、noteで試し読みしました。
note.mu

なにこれめっちゃおもろい

突然、くも膜下出血発症してしまったアラサー半ニート男性の日々を綴ったコミックエッセイ。

シュールなイラストが、くも膜下出血の症状の恐ろしさを狂気的に表現しているところ、親戚から怒涛の追及を受ける爆笑シーン、そしてラストの感動に至るまで、笑いあり涙ありな『くも漫。』

面白くて一気に最終話まで読んじゃったーーー

主人公が突然病気発症して病院へ運ばれる下りは、男性からしたら一番の恐怖シーンだと思います…!(色んな意味で)

『くも漫。』ネタバレ・感想

f:id:ok723:20161103134149p:plain

29歳の時に「くも膜下出血」を発症し倒れた著者が、当時のことをありのままに描く異色のドキュメンタリー。
くも漫。 中川学 | トーチ web | note


f:id:ok723:20161103145241p:plain
臨時講師の職についていた主人公。しかし仕事は続かず、半ニートに。

堕落した日々を過ごしていたある日、父の紹介から再び教員の職につくことに。
f:id:ok723:20161103134159p:plain
堕落から再生への道を辿り「働くっていいなぁ」と思えるくらいに社会復帰した主人公。

そして、ここから再びドン底に転落していきます。

f:id:ok723:20161103134634p:plain
社会復帰して、余裕が出た主人公はすすきのへ立ち寄ります。

f:id:ok723:20161103134710p:plain
風俗店で体験する、天国のような時間。
しかし、その天国も長くは続かず

天国から地獄へ真っ逆さま。
f:id:ok723:20161103145519p:plain
突如、バットで後頭部を殴られたような感覚に襲われます

星野源さんも2012年にくも膜下出血発症して、当時の発症当時・闘病生活の事を蘇える変態で「バットで頭を殴られたような痛みののち、立てなくなった」「拷問のような頭痛。もう耐えられない。窓から飛び降りて死んでしまいたい」って書き綴ってたなぁ…。

星野さんはレコーディング中に発症しましたが『くも漫。』の場合は、発症場所がなんとも悪かった…。
f:id:ok723:20161103140259p:plain
f:id:ok723:20161103140301p:plain
そのおかげで色々地獄な展開になっていきます…笑

その後、見舞いに来た家族・親戚を交えて病室で繰り広げられる推理シーンは、面白すぎて腹筋崩壊しました…(笑)
f:id:ok723:20161103142329p:plain

もぉーーーみんな早く帰ってーーー!!!
クツなんてどうでもいいだろーーー!!!
おい、ちさおばさん、名推理やめれーーー!!!

そんな笑い要素もたっぷりな『くも漫。』
くも膜下出血闘病生活中の描写、マジで怖い。

f:id:ok723:20161103125151p:plain

いやぁああああああ

読んでるだけで脳みその痛みが伝わってきそう…
っていうか、くちびるマン怖いよ


堕落、再生、転落、そして再び再生への道へ歩み始めていく主人公。堕落していた主人公が再生していくストーリーはやっぱり感動するね。

日常を取り戻してからの彼は、また堕落した日々を過ごすことになるんですが、死を現実のものとして体験したおかげで死生観がガラリと変わりました。新しい日々を歩み始める為に一歩を踏み出します。

「どうせ死ぬなら」

前半は爆笑シーン多めなんだけど、退院してから父親が母親に言った言葉、そして最後のシーンはぐっときて思わずホロリと涙してしまいました。

死に直面すると人生観が180度変わったり、眠っていた能力が開花する…なんて言ったりするけど、この作者の絵のタッチ、表現、ストーリー展開。才能が爆発しまくってます。

最近、人生うまく行かないなーって悩んでる人におすすめしたい笑えて泣けるコミックエッセイでした。