読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

轟け!サブカル女子

上京を夢見るサブカル女

【無料で動画が見れる】松本人志プレゼンツ『ドキュメンタル』が面白すぎる!賞金1,000万円を手にするのは誰だ!?

サブカル Amazon 広告不要
スポンサーリンク

f:id:ok723:20161202114045j:plain
出典:http://natalie.mu/owarai/news/210277

まっちゃん!こういうのずっと待ってたんだよ!!!

記事の最後に動画無料試聴の方法書いてますので、そちらチェックしてみて下さい!

11月30日からAmazonプライムビデオ限定で配信スタートした、松本人志オリジナル作品『ドキュメンタル』

第1話だけ配信されてるので、早速見てみたら…

やばい、これ…

めっちゃおもろいわ

www.youtube.com

広告からして既におもしろいw
地上波では絶対実現できなかった、新しい笑いのカタチ。

万人受けする内容ではないけど、ハマる人にはがっつりハマる。そんな番組です。

テレビの予定調和なお笑いには飽き飽きしてる…
最近、テレビで面白いバラエティー番組がない…

そんな人にドンピシャでハマるバラエティー番組『ドキュメンタル』
早速紹介していきまーす!

お笑いバトル・ロワイアル『ドキュメンタル』

www.youtube.com
栄光の賞金1,000万円を手にするのは一体誰なのか!?

松本人志が密室笑わせ合いサバイバルゲームを始動!
とある部屋に集められた10人の芸人たち。
みなそれぞれ参加費として、100万円を持参していた。

そして松本人志からこう告げられる。

松本人志「今から6時間、笑わずに最後まで残った1名が賞金1000万円を総取りする」

台本や演出は一切ナシ。お笑い芸人たちが賞金1,000万円を手にするため、ガチンコで相手を笑わせていく。

最後まで生き残るのは誰だ!?お笑いバトル・ロワイアルスタート!

松本人志「『笑ってはいけない』ってのを年末に毎年やってて。あれはほんとにショーとして、エンターテインメント性が非常に高く、良くも悪くもなってしまって。無駄な部分を一切削ぎ落とした、何もないけどちょっとした瞬間に笑ってしまう、というのをやってみたいなと」
HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル

『笑ってはいけないシリーズ』でもスタッフが仕掛けたネタより、ダウンタウン、ココリコ、月亭方正が休憩中にやり取りする素の会話、アドリブのほうが面白かったりするんだよね(笑)

台本も筋書きもない、芸人たちの本気。真の笑いが『ドキュメンタル』で体感できます。

『ドキュメンタル』ルール

f:id:ok723:20161202134402j:plain
出典:http://natalie.mu/owarai/news/210277

ルールはこんな感じ。

  1. 参加費100万円を持参
  2. 笑ったら負け
  3. 最後の1名に賞金1,000万円
  4. 制限時間は6時間
  5. レッドカードが出たら即退場
  6. 小道具持参、協力プレイ、臀部露出OK
  7. 中断ブザーが鳴った後、競技再開までは一時的に笑ってもOK

笑ったら負け、という設定は『笑ってはいけないシリーズ』と一緒だけど、『ドキュメンタル』では自分以外の9人は敵なので『笑ってはいけないシリーズ』よりも熾烈な争いが見られるはず(笑)

笑ったら自分の100万円奪われちゃうから、みんな必死。ガチンコファイトですね。笑

制限時間があること、そして部屋の雰囲気。
シチュエーション・スリラー『SAW』っぽさもあります。
笑いだけじゃなく、ハラハラドキドキの緊迫感も味わえる複合エンターテイメント!

『ドキュメンタル』参加芸人

f:id:ok723:20161202123811j:plain
出典:http://natalie.mu/owarai/news/210277

設定だけでも十分おもしろいんですが、ドキュメンタルがヤバイのは集まったメンツにあります。

  1. 宮川大輔
  2. ダイノジ大地
  3. とろサーモン久保田
  4. FUJIWARA藤本
  5. 野性爆弾くっきー
  6. トレンディエンジェル斎藤
  7. 天竺鼠・川原
  8. 東京ダイナマイト・ハチミツ二郎
  9. マテンロウ・アントニー
  10. ジミー大西

芸人のクセがすごい!!!

サイコパス芸人、大集合やん!(笑)
地上波のテレビ番組では機能しないトリッキーな芸人さんたちが集まってますねw
このメンバーだと宮川大輔、FUJIWARA藤本がまともに見えてくる不思議。笑

1、ウィークポイントは”ゲラ” 宮川大輔

f:id:ok723:20161202165942j:plain
出典:HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル

【ポイント】

  • 一、二を争うゲラ
  • オフェンスはいけるが、ディフェンス能力にやや難あり

オフェンス能力は高いけど、ゲラ。すぐに負けてしまう可能性も。

2、笑いの化学反応 ダイノジ 大地

f:id:ok723:20161202165958j:plain
出典:HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル

【ポイント】

  • 1人で何かさせてもちっとも面白くないが、化学反応に期待
  • ガツガツ行くので面白いキャラではある

1人だとおもんないダイノジですが(笑)この特殊な環境下で思わぬパンデミックを起こす可能性も。

3、 トリッキープレイ とろサーモン 久保田

f:id:ok723:20161202165959j:plain
出典:HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル

【ポイント】

  • サイコパス要素がある
  • トリッキーな笑いで攻撃を仕掛けるか?

サイコパス芸人1人目(笑)のとろサーモン久保田。登場だけで既に笑いを取っていた彼。飛び道具的な笑いで攻撃を仕掛けることが出来るか?

4、ツッコミマシーン FUJIWARA 藤本

f:id:ok723:20161202170001j:plain
出典:HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル

【ポイント】

  • ツッコミボケで攻撃を仕掛けていく
  • かなり厄介な存在

全ツッコミしてくるFUJIWARA藤本。いやー、あの笑ってはいけない静かな空間で、突っ込みまくられたら笑い我慢できそうにないね…。

5、ヘビー級 野性爆弾 くっきー

f:id:ok723:20161202170003j:plain
出典:HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル

【ポイント】

  • サイコパス、モンスター芸人
  • オフェンスは最強だが、ディフェンス能力は未知数

2人目のサイコパス芸人(笑)ナチュラルに「こいつはヤバイ」と思う存在。オフェンス能力は最強レベルですが、ディフェンスがやや弱点ではあるので、自分のネタで笑ってしまう可能性も!?

6、バランス感は抜群 トレンディエンジェル 斎藤

f:id:ok723:20161202170004j:plain
出典:HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル

【ポイント】

  • 最もバランス感のあるキャラ
  • トレードマークのハゲキャラが逆に不利になるか

一番バランス感のあるキャラクター。いつもは大爆笑間違い無しのハゲキャラも芸人相手だと生かせない可能性も!?

7、サイボーグキラー 天竺鼠 川原

f:id:ok723:20161202170016j:plain
出典:HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル

【ポイント】

  • クセの強い笑いがどこまで通用するか
  • ディフェンス能力は最強

私個人的に大本命の天竺鼠・川原さん。感情が死んでいるので、どれだけ笑いをかまされても笑わない鉄壁の持ち主。

8、高いポテンシャル 東京ダイナマイト ハチミツ二郎

f:id:ok723:20161202170018p:plain
出典:HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル

【ポイント】

  • 笑いの能力が高い
  • 藤本とはまた違うタイプのツッコミボケをかます

FUJIWARA藤本と同じくタイプはツッコミボケ。ドカーンと笑わせるよりも、じわじわとボディブローのように効いてくる笑いを得意とする。持久戦に強そうなので後半まで生き残るかも。

9、新風起こせるか マテンロウ アントニー

f:id:ok723:20161202170021p:plain
出典:HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル

【ポイント】

  • 後輩芸人であることがやや不利になるか
  • 外国人キャラを活かすことが出来るかが鍵

1人毛色が違うマテンロウのアントニー。ただ、1人後輩芸人なので先輩たちに対してグイグイいけるかがキーポイントになってきそうですね!

10、ナチュラル・ボーン・キラー ジミー大西

f:id:ok723:20161202170025p:plain
出典:HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル

【ポイント】

  • 天然モンスター
  • みんなが嫌がる存在
  • アホなので下ネタですぐ笑う可能性も

ラストはジミー大西。もう、ただいるだけでおもろいので、これはズルい(笑)破壊力はバツグンですが、アホなのですぐ自滅する可能性も。

以上、参加芸人について、分析まとめてみました。
野性爆弾くっきー、とろサーモン久保田、天竺鼠・川原、ジミー大西が一緒に出る番組なんて、絶対地上波じゃできないわ(笑)

勝者予想してみた!

上の分析を元に勝者予想…

最後まで残るのはやっぱり天竺鼠の川原さんじゃないでしょうか!
攻撃よりも最強のディフェンス。「笑わない」というのは最強の武器で最後の1名になる可能性大だと思います。

あと、個人的ダークホースはとろサーモン久保田さん。
サイコパスって人の気持ちを理解できない感情が欠落した人間なので(笑)
かなり強い存在になると思います。

後は勝負がなかなかつかず、長期戦になった時に一番平静を保っていられそうなのは、トレンディエンジェルの斎藤さんかな?メンタルコントロールが勝敗を左右するので、勝ち気な性格が有利に働きそう。斎藤さんのファンなので頑張って生き残って欲しいな〜

現在配信中の第一話では、導入部分のみなので、第二話から本格的にバトルが始まっていくと思います!

果たして、賞金1,000万円を手にするのは一体誰なんでしょうか!?

まとめ

芸人の本気が見れる、新感覚バラエティー番組『ドキュメンタル』
初期の『笑ってはいけない』を見た時の感覚に近い。こんなにワクワクするお笑い番組久しぶりだ!

毎週水曜日更新の、全四話。
今、第一話だけ配信されてるんだけど、早く続きが見たくて仕方がない〜!

松本人志プレゼンツ『ドキュメンタル』Amazonプライムビデオで、限定配信中です。

この番組、プライム会員じゃないと見られないんですが、30日間の無料体験でも視聴可能!

f:id:ok723:20161202131944p:plain
更に今、12/4(日)23:59まで、初回年会費3900円のところ、1000円OFFの2900円で入会できる「年会費1000円OFFキャンペーン」を実施中!

おま…1000円OFFって…私3900円払っちゃったし…笑

年会費OFFキャンペーンってなかなかやらないので、このタイミングで入ったらめっちゃお得やん!いーなーいーなー

インターネット配信だからこそ出来る、攻めのバラエティー番組。
プライムビデオで、一緒に『ドキュメンタル』楽しみましょ〜!

『ドキュメンタル』が見れる!Amazonプライム会員登録・無料体験はこちらから