とどろけ!サブカル女子

アラサーサブカル女の雑記ブログ

新しい手帳で新しい働き方を。2018年は『EDiT』で人生を編集する

スポンサーリンク

f:id:ok723:20180113232540j:plain
どうも、手帳大好きたっつん(@Tatsu_2015)です。

ここ数年、ずっと「ほぼ日手帳」を使い続けてきた「ほぼ日ヘビーユーザー」でした。


が!


ここ最近は、惰性でほぼ日を買い続けていたところもあり、そろそろ別の手帳に切り替えたいなあという思いが。


去年は葛藤の末、やっぱりほぼ日を選びましたが、

2018年からは新しく『EDiT』を使うことにしましたー!(ぱちぱち)

ということで、今回購入した『EDiT』手帳について、紹介していきます。
今年はどの手帳を買おうか迷ってる人は、ぜひ参考にしてみてください~♪

2018年は『EDiT』手帳で、自由度の高い人生をクリエイトする

f:id:ok723:20180113165955p:plain
出典:EDiTエディット|新しい働き方。新しい手帳。

あなたの毎日を、人生を、未来を"EDiT"するパートナーとして。


株式会社マークスから発売されている手帳の『EDiT

2015年には、「第24回日本文具大賞デザイン部門」で優秀賞を受賞。


ルールのない1日1ページ仕様で自由度高め。
発想力を刺激する、いわばクリエイター向け手帳。

  • 1日1ページ使いが楽しめるDaily
  • たっぷり168ページ書き込める月間ノート
  • 手帳 + 仕事ノートが1冊になった週間ノート
  • アポ入れなどが多い忙しい人をサポートする、週間バーチカル


自分の好きなフォーマットから、サイズ、表紙を自由に選ぶことができ、お気に入りの1冊が必ず見つかります。



『EDiT』1日1ページB6変型ブリリアントブルーを購入!

f:id:ok723:20180113232255j:plain

今年の手帳購入候補にあがっていたのは

この3つだったんですが、 ロフトでは謎解き手帳は見つけられなかったので、ほぼ日かEDiTの2択に絞られて。

両方共、大々的に展開されていたんですが、手に取ったのはEDiTのB6変型タイプ。


というのも、カバー表紙のかわいさに思わず手が伸びてしまったんです。

いわゆるジャケ買いに近いかも(笑)

カバーのかわいさに惹かれて、中身チェックして「これイイ!(〃∇〃)」って感じで選びました。



1日1ページB6変型の「ブリリアント」は

  • ベージュ
  • ピンク
  • ブルー
  • ダークグレー

の4色展開。


今年はEDiTにするぞー!と決めたものの、色味で迷うこと数十分。

「ピンクがやっぱりかわいい…」
「でも、大人っぽさでいったらブルーだな…」
「いや、でもやっぱりピンクが…」

手帳片手に文具コーナーを行ったり来たりして、ちょっと怪しい人になってました(笑)

結局、ピンクも捨てがたかったんですが、大人っぽい印象のブルーに決めたーーー!今年は大人っぽいたっつんになりたいんや!



f:id:ok723:20180113232650j:plain
色味はスモーキーブルー。
落ち着いた雰囲気でステキ~!(〃∇〃)


f:id:ok723:20180113232702j:plain
カバー表面の下にある、小さなダイヤモンドのモチーフとフランス語がキラッと控えめに光って、これまたステキ♡

ちなみにこのフランス語は「失われない輝き」という意味だそうです。
いくつになっても輝きを失わない人でありたひ…(〃∇〃)


凹凸のあるような見た目なんですが、さわり心地はサラサラ。

1年間使うので汚れのことも考えたんですが、スモーキーカラーのおかげで目立ちにくそう!


f:id:ok723:20180114001648j:plain
ペンホルダー・ポケットもついているので、持ち運びにも◎。


私流『EDiT』の使い方

f:id:ok723:20180113165952j:plain
出典:EDiTについて|EDiTエディット[新しい働き方。新しい手帳。]


私の場合、仕事のスケジュールや会議の内容をぎっしり書き込むという使い方はせず、絵日記、アイデアメモ帳として使うことが多いです。


EDiT買った当日に書いた日記。
f:id:ok723:20180114001309j:plain

ほぼ日よりもサイズが大きくなった分、書き込むスペースが広がって、より使いやすくなった!


f:id:ok723:20180114001405j:plain
月間スケジュールページは、週の頭(左端)にワンブロック余白があるので、今週中のタスクが一目瞭然。

f:id:ok723:20180114001435j:plain
それから、月初めに月の目標やテーマ、今月購入したものを書き込むスペースが。
月ごとの目標も可視化できるので、今年こそ自分を変えたい!と思う人には嬉しい仕様♪



手帳に色々書き込む時、ブログとはまた違った快感があるんですよね。

ネットには書けないネガティブなことも、恋人との嬉しかった出来事も、誰にもナイショのことも、手帳なら心置きなく書き込めるから。

今年も1年間、たくさん思い出できるといいな\(^o^)/



f:id:ok723:20180113170623j:plain
出典:みんなの使い方/手帳[はたらく]|EDiTエディット[人生を編集する手帳とノート]

EDiT公式サイトの「みんなの使い方」では、手帳の使い方を見ることもできます。

「EDiTの1日1ページ手帳買ってみたものの、うまく使いこなせない…。」
って人は、ぜひ参考にしてみてください♪


ビジネス用として予定書き込みまくってもよし、1ページにどーんとイラスト描いてもよし。



新しいこのEDiT手帳で、今年はたくさんの予定と思い出を作るぞーーー♪


まとめ

以上、EDiT手帳の紹介でした。


1年間使っていくうちにもっともっと愛着湧いていくんだろうな~♪
今から楽しみ(〃∇〃)


ロフトは手帳の品揃えがよく、私が購入したブリリアントブルー以外にも色んな種類のEDiTがあったので、気になる人はぜひロフトまで足を運んでみてください。



近くにロフトない!(涙)って人はAmazonでもEDiT購入することができますよ♪

ピンクは割と若い感じの色味だったので、アラサー前後の人が使うなら、ブルー、ベージュ、ダークグレーがおすすめ。

Amazonの画像だとちょっと明るいブルーに見えますが、現物はもう少しくすんだ色のブルーで、ワントーンぐらい暗めです。



『EDiT』と合わせて今年もジェットストリーム持ち歩きます。
1,000円ぐらいで買ったんやけど、今(2018/01/14現在)Amazonでほぼ半額で売られてる…・ω・

これ一度使ったら、「二度と100均のボールペンには戻れない!」
インクにじみも突っかかりも全くない、書き味気持ちいいボールペンです。


近々、ほぼ日とEDiTの比較記事も書くので、そちらもお楽しみに♪

関連記事
追記:2018/01/17
比較記事書きました!
5年間ほぼ日手帳を使っていた私が『EDiT』に乗り替えた5つの理由