とどろけ!サブカル女子

アラサーサブカル女の雑記ブログ

KICK THE CAN CREW復活に号泣!新曲『千%』発売&ツアー開催!

スポンサーリンク

f:id:ok723:20170620180500p:plain
KICK THE CAN CREW
私の青春が、また始まった

いつものようにYouTube開いたら、とある動画を見つけて思わず叫んでしまった。

www.youtube.com

KICK THE CAN CREW復活!!!

ウソでしょーーー!?!?今日エイプリルフール!?違うよね!?
だいっすきなグループだったので、再結成ほんま嬉しい!!!

ということで、色々勢いのみで書いた記事です(笑)

私の青春そのもの「KICK THE CAN CREW」

f:id:ok723:20170620184114j:plain
私の青春そのものであるキックが、また再始動する日がくるなんて思いもしなかった。

www.kickthecancrew.com

ここ数年、フェスやイベントで一時的に3人揃って歌う…という活動は見られたものの、もう二度と再結成しないし新曲は出ないと思っていた。

一応、活動休止となっているものの、事実上の"解散"だと。

ところが先日、キックが新曲「千%」を発表。中学時代の思い出が一気にフラッシュバック。ドキドキしながら動画を再生してみると、そこには懐かしい3人の姿があった。

これだ…私が見たかったのは…。

MVを見ながら、色々感極まって思わず泣いてしまった。

そっか。「生きててよかった」って、こういうときに出て来るセリフなんだ。

好きな音楽の基礎と思い出を作ってくれたのはキックだった

f:id:ok723:20170620201908j:plain
KICK THE CAN CREWを知ったのは、中学生の時。

私が通っていた中学校では、放送係が給食の時間に自分の好きな音楽を選曲して流すという文化があった。放送係の子はちょっとイケイケの子が多かったっけ。

んで、当時仲良しだったYちゃんが放送係だったんだけど、この子の選曲センスがとにかくよくて。彼女が頻繁にかけていたのが当時、HIPHOPとして人気があった「KICK THE CAN CREW」と「RIPSLYME」だった。

給食中、KICK THE CAN CREWの「sayonara sayonara」を聞いてすっかり虜になってしまった。それがきっかけでキックを知り、すぐツタヤに行ってアルバムをレンタルしまくった。

sayonara sayonara

sayonara sayonara

  • KICK THE CAN CREW
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

何度も何度も歌詞を読んでは覚えて、ヒアリングして歌って、必死でリズムを覚えて歌える曲がどんどん増えていった。

この時の熱意をもっと別の方向に活かしていたら、英語ペラペラの帰国子女とかになってたかもしれない。笑

今でも曲を聞いたら歌詞がスラスラと出て来る。一昨日の晩御飯は思い出せないのにこういう記憶はしっかり残ってるんだよなぁ。

キックのアルバムの中でも一番印象深い「magic number」は、当時奮発して買ってもらったMDウォークマンでいつも聞いてたなあ。

CASSETTE VISIONとのコラボ曲「TORIIIIIICO!」やアルバムリード曲の「magic number」はほんまに名曲で、何度も何度もリピートして聞いた。
magic number

magic number

  • KICK THE CAN CREW
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

過去に書いた「私を構成する9枚のCD]」って記事でもこのCDをチョイスしている。それくらい人生に多大な影響を与えた一枚だった。

www.subcul-girl.com

録音したMDが擦り切れて壊れるんじゃないかってくらい再生しまくったなぁ。MDケースの裏に曲順きっちり書いて、上書きされないようにツメもちゃんとスライドさせて…。ってツメって言葉、もう死語かしら(笑)

f:id:ok723:20170620195730j:plain
中学生でお金持ってない中、頑張ってお小遣いで買ったCDが、「GOOD MUSIC」で、人生で初めて手に入れたCDだったっけ。たったCD1枚買うのに、とてもドキドキしてたのを今でも覚えてる。

こんな感じで私の青春にはずっとKICK THE CAN CREWがいた。

なのに、ライブを見たことがなかったのよね。当時は田舎住みの中学生だったし、ライブ行く費用も勇気もなくて、レンタルで音楽を聞くのが精一杯だった。

2003年に毎月連続リリース(性コンティニュー~脳内VACATION)って偉業を成し遂げてて、スゴイ勢いでてきてるなーって思ってたのに

2004年3月に突然、活動休止してしまった。

f:id:ok723:20170620200154j:plain
解散してから手に入れたキック名義でのラストライブ「KICK THE CAN CREW LIVE 旅人〜STEP IN THE DAY〜」でしかライブを見たことがなかった。

それからはそれぞれソロ活動を始めたけど、3人で起こす化学反応が好きだったから、そうじゃないんだよなぁ…。と思って興味を持てず…。

KREVAは才能あるから一人でも人気出てたみたいだけど、ソロ初のアルバム『新人クレバ』とかも一応聞いてみたけどあまりピンとこなかった。キックのときのKREVAは大好きだったのに、ソロ活動の音楽性とか雰囲気違うなぁ…と思って気持ちが離れてしまった。

その後、MCUは『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』に出演&楽曲提供(劇中歌「シーサイド・ばいばい」で参加)してたけど

シーサイド・ばいばい MCU Ver.

シーサイド・ばいばい MCU Ver.

  • MCU
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

その後目立った活動はなかったし、LITTLEとコラボ活動とかしてたけど、これもあまりパッとせず…。

そんな時、2014年に大阪で802開催のフェスにキックが参加するとの告知が!

私「中学生からの願いだったキックのライブが、やっと見られる…!!!」

って思ってたのに、台風でそのフェスは開催されず…(涙)

それからもう「キックのライブは見れないんだろうなあ…」って諦めていたけど、今回の新曲リリースと復活祭&ツアーの発表。

ほんま飛び上がるほど嬉しかった。

まぁ、何が言いたいかっていうと

14年間待ってたよ!ありがとう!!!

ってこと。

てか、今年で結成20周年なんだね。今のフリースタイルダンジョン人気に合わせてきたのかと思っていたけど。それにしてもいいタイミングで再結成したんじゃないでしょうか。

KREVAが一人ソロで売れてる状況も、なんか切ないよなぁ…と思ったりしていたけど、よく考えたらKREVAが有名でいて知名度を保っていたからこそ、KICK THE CAN CREWとして再始動するチャンスが巡ってきたのかな、なんて思う。

それを踏まえた上で『千%』の歌詞を聞くと、やっぱ涙がでてくるよね。

さぁここだ、かっこ悪かろうが
必死になれる事のかっこよさ
そうだ、そして地に足が着いた
KICK THE CAN CREW「千%」MUSIC VIDEO - YouTube

不仲で解散説でていたけど、年齢重ねて地に足付いたからこそ再結成もできたのかななんて。昔の尖ってたギラギラKREVAなら無理だったでしょう(笑)

『千%』聞いたけど、KREVAの歌い方がソロの時の歌い方と全然違って驚いた。やっぱキックで歌ってる時のKREVAが好きだなぁ。

それからMCUパートは過去の曲リリックが結構でてきて、テンションあがったよね。

  • アンバランス
  • LIFELINE「一生懸命を恥ずかしがるな」
  • sayonara sayonara「ライツ、カメラ、アクションで棒立ち」
  • ONEWAY

率直に言うと、今年一番テンション「あがってーる!!!」状態です。笑

マルシェ

マルシェ

  • KICK THE CAN CREW
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


それからMVのテイストがメジャーデビュー曲の「スーパーオリジナル」っぽかったり、最初のラジオがでてくる演出が「地球ブルース~337~」ぽかったり…。過去作品オマージュが盛り込まれているのも、ファンにはたまらないね~~~。

ちなみに、公式サイトのビジュアルになってるイラストは
f:id:ok723:20170620180500p:plain

「magic number」のジャケットオマージュですね。
f:id:ok723:20170620204354j:plain

うーん、こうして見ると3人共落ち着いたなぁ…(MCUは相変わらずっぽいけどw)

最近は音楽業界も不況で解散してしまうバンドも多い中、一つの物事を続けることの大事さを、14年越しのキック再結成を見てひしひしと感じている。

学生の頃と違って、ライブに参戦する余裕もたんまりあるので(ドヤ顔)
今年9月に行われる復活祭、絶対参加するぞー!!!
あぁ、大人になれてよかったーーー!生きててよかったーーー!

14年越しの願いが、今年やっと叶いそうだ。

関連記事