とどろけ!サブカル女子

アラサーサブカル女の雑記ブログ

フジコ『「美人は性格が悪い」って本当!?ブスが美人に憧れて人生が変わった話。』感想

スポンサーリンク

f:id:ok723:20171114224630p:plain
私が本当に欲しかったもの、それは見た目の美しさじゃなく、「自分のことが大好きだ」と胸を張って言える自信だった。

どうも、美人になりたいたっつんです

ちょっと前に、ずっと片思いしていた人に告白&そして玉砕したー!
脳天気な私もさすがにちょっと落ち込んだ。んーと確か3日間ぐらい(笑)

んで、そっから

「きれいになってあいつを見返してやるんじゃうおーーー!!!(涙)」

と、奮起!

それから美に取り憑かれたかのように、かわいくなるにはどうしたらいいか?をめちゃくちゃ研究し始めました。

それはもう必死すぎて笑えるぐらい。笑


「ブサイクが可愛くなるには、なにしたらいいんやろ?」

そんなことを思いながら、ネットで美容についてググっていた時に出会ったのがこの本でした。

変わるためにマインドから入るタイプのやーつー

著者のフジコさんが体験したブスから美人に大変身するまでのエピソードと、キレイになるための心のあり方が書かれてたんやけど、なかなか読み応えあって面白かった~!

読み終わる後には「私ももっとキレイになる!」と前向きになれるそんな一冊です。

『ブスが美人に憧れて人生が変わった話』はこんな人におすすめ!

Check Point!

  • 自分はブスだという自覚がある。
  • 「どうせ私なんか」「でも・だって・どうせ」が口癖。
  • 可愛くなりたい!でも、どうすればいいのかわからない…

『ブスが美人に憧れて人生が変わった話』あらすじ

f:id:ok723:20171114225304p:plain

「私はずっとブスでした。性格はもっとブスでした」「体重70キロ超え、歩く姿は二足歩行の豚、美人憎しの陰気なブス」だった著者が見つけた幸せとは? 「心をつかまれた」「自分にも当てはまる部分が沢山」「もっと詳しく知りたい」等、Twitterで話題騒然の実話を完全書き下ろし! 本文では、ブスの毎日、生い立ち、美人との出会いによって訪れた転機、そして内面から起きた変化から、好転しだした人生まで、読めば自分が愛おしくなってくるエピソードが満載! 「美人は単に外見だけの美しさでできているものではない」「美人とは、自分も周りの人も大切にして、人を幸せにできる人」「ブスにはブスのワケがある」等、美人を呪ってきたかつての自分とサヨナラして、美人スパイラルに入っていく筆者の姿は実に爽快。誰の心にもある美人とブス――女性ならどちらも持っている2つの心をリアルに描き出しながら、前向きな気持ちにさせてくれる一冊!
「美人は性格が悪い」って本当!? ブスが美人に憧れて人生が変わった話。-Amazon

『ブスが美人に憧れて人生が変わった話』感想

今は話題となったツイートやブログの実体験が書籍化される時代。

この『ブスが美人に憧れて人生が変わった話』も、著者のフジコさんが実際に経験したことをツイッターで呟き、そのツイートがバズったことがきっかけで、書籍化されたものです。



ツイッターでは

  • ブスだった頃の著者
  • オフ会で美人と出会ったことがきっかけで変わろうと決意
  • そして、美人になった結果、人生楽しい!

と完結に綴られていますが、本ではブスだったころのマインドや変わるまでの過程などが、詳しく語られています。

以前の私は、それはもう、とにかく美人が憎かった!美人大嫌い!もう、無理、ほんと、辛みしか感じない!嫌い!どのくらい美人を憎んでいたのかと言いますと、電車で隣に美人が座るだけで、「なんでわざわざブスの隣に来るかな~。こいつ性格悪いわ~。クソだわ~クソ野郎だわ~。私を引き立て役にしたいんだろ。絶対そうだろ。綺麗な顔して性格クソなんだろ。隣のブスと比べて、私はこんなに美人ですよ~ってアピールだろ。あれだろ、ネットの広告で子どもに蟹持たせて蟹を大きく見せるみたいな寸法だろ。あ~私のブスが目立つ~私の顔のでかさが目立つ~美人死ね。んああ百万回死ね。あ~私より綺麗な女はみんな地獄に落ちねぇかなぁ~!なんで美人がブスの隣に座るかな~!わけわかんねぇなぁ~!」くらいの罵詈雑言が一瞬のうちに脳内で飛び交い、心の中で中指を立てる程度には美人を憎んでいました。

フジコ. 「美人は性格が悪い」って本当!? ブスが美人に憧れて人生が変わった話。No.219-222

冒頭から筆圧すごない…???(笑)


彼女がここまで歪んだ感情を持ってしまった原因はなんとなく理解できました。


私も見た目で友達に差別されたり、男性にバカにされた経験があったんですが、そうすると段々

「キレイな子は特別扱いされていいよな」

って思考になっていくんですよね。悲しいかな。

悪いのは差別してくるその人物であって、美人が悪いわけじゃないのに。

嫌いになったら意地悪をするに違いない……人と知り合う前から、自分はどうせ嫌われると決めつけ「どうせ私なんか」とあきらめておくことで、心に防衛線を張っておくのです。いつのまにか、「でも・だって・どうせ」が口癖になっていました。

フジコ. 「美人は性格が悪い」って本当!? ブスが美人に憧れて人生が変わった話。No..259-260


自分がブスなせいで、人付き合いが難しくなる…。心の中は自己嫌悪でいっぱい…。

ブスにあるのは自分に言い訳するためのプライドと、妬み、嫉み、僻みでいっぱいの醜い器だけです。その後、嘘をつき続けるのが嫌になり、私は人けの少ない他のフロアのお手洗いを使うようになり、私は人けの少ない他のフロアのお手洗いを使うようになりました。好意すら上手に受け取れずに、自己嫌悪ばかりがたまっていきます。

フジコ. 「美人は性格が悪い」って本当!? ブスが美人に憧れて人生が変わった話。No..288

こんな心理状態で自分のことなんて好きになれるはずがない。

最初はそんな自分がイヤで自分自身を責めるんですが、段々責任転嫁し始めます。

なぜそこまでに美人が憎いのか?そうしてしまえば楽だからです。ブスは自身の不都合を人のせいにすることで「自分は何も悪くない」と安心感を得ます。

フジコ. 「美人は性格が悪い」って本当!? ブスが美人に憧れて人生が変わった話。No.310

こんな醜い自分と向き合うのはしんどい、ツライ。
だったら、ほかの人のせいにしちゃえ…!

そうして、「私が不幸なのは美人がいるせいだ!あいつらが憎い!」と歪んだ思考を持つブスが出来上がるわけです…!

ここまで本読んで「う、上には上がいる…」って思った(笑)
正直、かわいい子はいいなあ~(癒)って思うことはあるけど、ここまで美人妬んだことはなかったから(笑)


そんな歪んだ思考を持っていたフジコさん。趣味がアニオタ(腐女子)なんですが、ある日ツイッターを通して知り合った、同じ腐女子仲間のフォロワーさん出会うことになります。

そして、その出会いがその後の彼女を大きく変えるきっかけになります。

f:id:ok723:20171114192739p:plain
出典:フジコ. 「美人は性格が悪い」って本当!? ブスが美人に憧れて人生が変わった話。No.764

美人で、しかもこんな自分にも優しく対等に扱ってくれる友達に会ったことで、彼女はこう思い始めます。

「私も彼女たちみたいになりたい。」

それから、フジコさんはキレイになるための努力を始めます。

f:id:ok723:20171114193417p:plain
出典:フジコ. 「美人は性格が悪い」って本当!? ブスが美人に憧れて人生が変わった話。No.1028

今まで美容本や啓発本結構読んだけど、ブスだった頃から見た目はもちろん中身まで美人に変身した人の話って読んだことなかったかも。

私よりもずっと性格ブスだった人が変わろうと努力して、本当の美しさを手にいれた話だったので胸に刺さりまくり!!!(笑)


私も最近気づいたんやけど、最初からキレイな人って本当に稀ということ。

美しさとは、言わばキレイになるための苦労が形となって現れた努力の結晶みたいなもの。

日々の努力や手入れのすえ、美しさを手に入れている女性のほうが圧倒的に多いと思います。

その努力を見ずに「美人はいいよなー」って言うのってちょっと違うんじゃないかなと。多分美人ほど人が気づかないところで努力してるんだなと、この歳になってようやく気がついたんです。

それなら、ブスな私が怠けててどうすると!!!(笑)


この本を読んでから更に奮起して、今まで全く関心なかったメイクに興味持ってみたり、髪型アレンジの練習やファッションの勉強しまくりました。


新しい自分に変わろうとする過程で、フジコさんと同じ体験もしました。
前は同じステージにいた友達が、全力で引きずり下ろそうとしてくるんよね(笑)

「最近どしたん?www」
「てか、必死すぎるやろwww」

「せやろ、必死やねん(笑)」なんて適当に返しながら「私は好きな私になりたいから」と努力を続けました。


自分を変えようと決めてから3ヶ月が過ぎた頃、周りの対応が変化しはじめました。

「たっつん、女子力上がったね!」
「かわいい~!」

と言われる機会が増えたんです。


そして、不思議なことにカワイイと言われる機会が増えれば増えるほど、どんどん「もっと綺麗になりたい」という欲求が出てきて、美への探究心が日に日に増しました。

こーなったらもう毎日楽しい楽しい!(笑)

正直、メイク練習やダイエット、ファッション研究している間も苦痛じゃなかった。どんどん自分が好きになっていくのがわかったから。

まるで、自分が自分に恋に落ちるような気分だった。こんなにも自分のこと好きになれるんだって。モテたいとか誰かのためにやってたわけじゃないから、純粋にめちゃくちゃ楽しかった。

それは、自分自身に好きになってもらうために頑張っているような感覚だった。

花王のキャッチコピー「カワイイは作れる」まさにこの言葉通りに憧れの美人へと変身したフジコさん。そして私もこの本に影響されて彼女みたいになれるように頑張っています。


著書にはダイエットやファッションなど外見から入るものから、「とにかく美人の真似をする」など内面に関わるものまで美人マインドが紹介されています。

中でも、フジコさんが意識した美人の3つの共通点が参考になりました。

女子力というより人間力をあげるための大事な要素なので、気になる方はぜひ本書で確認してみてください。

自分のマインド次第で、かわいいは手に入れることができる!

まとめ

以上、フジコ『ブスが美人に憧れて人生が変わった話』の感想でした~!

彼女が体験したブス時代から美人への変身した過程や方法も面白かったですが、文章がうまい!テンポがよくてついついスラスラ読んでしまいました…!

彼女の中学時代の黒歴史もイタすぎて笑えた。本人は抹消したい記憶だろうけど(笑)

「自分はどうせブスだから…」

と自虐的になっている卑屈女子にぜひおすすめしたい本です。

私ももっとキレイになるぞ~~~!

近々、「ブスだった私がキレイになるために買ったものまとめ」記事公開!お楽しみに!