とどろけ!サブカル女子

アラサーサブカル女の雑記ブログ

さとうみつろう『神様とのおしゃべり』を読んだら「悩む=ムダ」だと気づいた

スポンサーリンク

f:id:ok723:20170315170048j:plain
でたー!女性が好きそうな引き寄せ本んん!!!

どうも、引き寄せ大好きたっつん(@Tatsu_2015)です。

さてさて、ちょっと前から気になっていたさとうみつろうさんの本『神様とのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-』読みました。

内容的には

  • 哲学
  • 量子力学
  • 引き寄せ

がごっちゃになったような不思議な内容の本。

神様があまりにも破天荒すぎて、途中から脳みそが混乱し始めて大変だった。笑

「自分には手に入れられないと信じているから、手に入れられないのじゃ!」
「信じた時から、全て手に入る!」

って、はちゃめちゃなこと言いだすので「いやいや、ほんまかいな…」って部分もあったんだけど(笑)

一番感銘を受けた「悩む=ムダ」の部分をピックアップして紹介したいと思います。

『神様とのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-』あらすじ

f:id:ok723:20170315170426j:plain

待ってました! ネットで話題騒然の大人気自己啓発系ブログ『笑えるスピリチュアル』のさとうみつろう氏による初著書がついに発売!

「対人関係」、「お金」、「仕事」など、あなたの人生観を180°ぐるりと変える、魔法のような実用エンタメ小説。
神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識- Amazon

主人公のダメサラリーマンが現状を変えるため、神様との対話を通して、幸せを手に入れようとするストーリー。

『神様とのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-』感想

あのー、最初に書いておきますが、この本多分…
スピリチュアルとか嫌いな人には、絶対的に合わない。笑

Amazonのレビューも結構賛否両論だったし(苦笑)

逆に言えば、自己啓発本とかスピリチュアル、引き寄せとかそういうジャンルが好きな方には、ドはまりするってこと。


本書は500ページぐらいあるので、読むのも一苦労なボリュームなんですが、本の内容をカンタンにまとめると

無意識のうちに自分にかけた思い込みを外して、幸せになろう!

的なことを神様が語ってます。


「自分は不幸だと思い込んでいるなら、まわりにあるものに感謝しよう」
「自分は貧乏だと思うなら、まわりの豊かさに気づこう」

そこらへんの心理学本にも書いてあるようなことも記載されてましたが、ひとつだけ神様の教えで「おぉー!」と思わず唸った言葉があって、それは

悩むってことは、どっちを選んでも正解で、どっちを選んでも幸せになれる

という一文。

この文読んだ時、頭の中に電球ぴかーん!ってなったよね(笑)


「悩むってことは、どっちを選んでも正解で、どっちを選んでも幸せになれる」
これだけ読むと「はぁ?」って感じると思うので、わかりやすく例えてみることにする。

アイスが食べたくなってアイスクリーム屋さんに来たあなた。
でも、チョコレート味と抹茶味の2種類しか残ってなかった。

抹茶が嫌いな人は迷う余地もなくチョコを選ぶはず。
しかし、どっちも好きな人は「どっちの味にしようかなー」って悩むと思う。

でも、嫌いな味がない場合、悩むことはムダな行為で、どっち選んでもいいんよね。
好きなものがチョコだって知ってる人は、抹茶を選択肢にいれたりしないから。

でも、そうじゃなくてどっちを選ぶかで迷ってるなら、どっち選んでも自分の好きなものだし、どっちでも自分が幸せになれるんですよ。

それが「悩むってことは、どっちを選んでも正解で、どっちを選んでも幸せになれる」という文章の意味するもの。

なのに、私たちはどちらか決めかねていつも迷ってる。
まるで迷いながら生きることが仕事みたいに。

迷っている時というのは、どっちかが答えになっても、困らないということじゃ。わかるか? お前たちは、「困らないこと」で、困っているんじゃ。ほんと、不思議な生き物じゃよ。
神様とのおしゃべり -P.215

「悩んでいる」ということは、実は「どっちでもいい」からこそ、悩んでいるのだと。
神様とのおしゃべり -P.215

他の部分は胡散臭いことも書いてあったけど(笑)この考えに関しては「なるほどぉおお」と思わず納得。

大事な決断をするとき、悩んで悩んで答えを出そうとしてたけど、そもそも悩むこと自体必要ないことなんだ、どっちか決めきれないってことはどっち選んだっていいんだから。

そして、どっち選んでも最終的に自分は幸せになるんだって思ったら…

悩むのって、めっちゃムダやん!!!

ということに気づかされた。

ってかそもそも悩むんじゃなくて、私たちがするべきなのは考えることであって、グジグジ悩むのってほんま時間の無駄!

ただ悩んでるぐらいだったら、外ランニングしてきたほうが、よっぽど建設的な時間を過ごせますし!!!(筋肉脳)


かなりのページ数で読むのに一苦労したんですが、読了後は自分をギチギチに縛り付けていた価値観が、ふわっと緩んで心が軽くなった気がした。

ガチガチに凝り固まっていた脳みそが、とろとろに柔らかくなったよ(笑)


まとめ

以上、『神様とのおしゃべり』感想でした。

気になって手に取った本だったけど、とにかく分厚くて読み終わるのに苦労した…(笑)
世間の常識や価値観、思い込みに縛られがちな方に読んでもらいたいです。

神様~~~信じたことは現実になるんですよね~~~?
私に宝くじ10億円当たりますように~~~!!!

あ、当たりますように~じゃダメか。
私は宝くじ10億円すでに当たっている~~~!感謝~~~!!!
それから、足がPerfumeののっちみたいになっている~~~感謝~~~!!!

…って、実現してないんだけど?(真顔)

2017/10/24に発売された同著者の『悪魔とのおしゃべり』も気になる!

関連記事